石原さとみのドラマ一覧!15年間の全歴史を今すぐ覗いてみる?

石原さとみ,ドラマ,一覧,役柄
LINEで送る
Pocket

ぽってり唇がエロくセクシーな石原さとみさん。

このページではそんな石原さとみさんが出演してきた
歴代のドラマと役柄を全てまとめていきたいと思います。

今や国民的女優になった石原さとみさんですが
今までどんな作品にどんな役柄で出演してきたのか?

もしかしたら全部見てるなんて言う
ファンの方もいるかもしれませんね!

個人的にもとても好きな女優さんなのですが
調べていて正直
知らなかったドラマもありました。。

彼女はかわいいだけじゃなく演技もスゴい!
それではさっそく作品をチェックしていきましょう。

何かご意見&ご感想があれば
気軽にコメントくださいね!!

スポンサーリンク

記事の概要

石原さとみのドラマ一覧と役柄情報

ドラマ一覧と役柄をまとめていくのですが
ここでは、
石原さとみさんの出演してきた
映画やドラマの役柄(2003年~2016年の現在まで)をまとめました。
石原さとみさんの可愛さをあなたも再確認してみては?

・石原さとみのドラマ一覧と役柄~2003年~2004年~
・石原さとみのドラマ一覧と役柄~2005年~2006年~
・石原さとみのドラマ一覧と役柄~2007年~2008年~
・石原さとみのドラマ一覧と役柄~2009年~2010年~
・石原さとみのドラマ一覧と役柄~2011年~2012年~
・石原さとみのドラマ一覧と役柄~2013年~2014年~
・石原さとみのドラマ一覧と役柄~2015年~2016年~

の7つに分けて見ていきましょう。

石原さとみのドラマ一覧と役柄~2003年~2004年~

まずは、まだまだ無名時代の2003〜からの
ドラマ出演情報と役柄についてです。

初めての主演作など貴重な作品たちが揃っています。
全部チェックしているという方はいるのでしょうか?
早速見ていきましょう。

石原さとみ / 窓を開けたら

(2003年3月25日、NHK)
役名:山本うさぎ

第26回創作テレビドラマ脚本懸賞公募の優秀作を映像化。

女子高生のうさぎ(石原さとみ)は、交通事故で死んだ恋人は
自分が殺したのだとの自責の念にさいなまれ、不登校になってしまった。

見かねた母は、うさぎを今は雪国で
蕎麦屋を営む叔父・泰三(小林捻侍)に預けていた。

心に傷を負い、現実から目をそむけ、
逃げるような日々を送るうさぎだったが、店の常連客である
中学教師の三沢(筒井道隆)に次第に心を開くようになっていった。

雪解けとともに、うさぎの心の闇が
溶けていく様がにつづられていくドラマ。

石原さとみのドラマ初主演作。
雪に覆われた山並の美しさと、石原さとみのピュアな演技に注目。

石原さとみ / きみはペット

(2003年4月16日 – 6月18日、TBS)
役名:澁澤ルミ

『きみはペット』は第27回講談社漫画賞を受賞した小川彌生の漫画が原作。
2003年にTBS、2016年にフジテレビで
テレビドラマ化し、2011年には韓国で映画化された。

巷談新聞社に勤める巌谷澄麗(小雪)は、
モデルの様な容姿と明晰な頭脳を持つ
才色兼備のキャリアウーマンだが、
実は繊細で恋愛に不器用な女だった。

失恋と左遷でストレスを抱えていたある日、
スミレは家の前に転がっていた
ダンボールに捨てられた青年・合田武志(松本潤)を見つける。

かつて飼っていたペット、モモに似ている彼を見て、
スミレはペットとして暮らす事を提案すると、
武志はすんなり受け入れ同居生活がはじまる。

そんなスミレとモモの
年の差カップルの生活を描いた異色ラブコメディ。

石原さとみはモモに思いを寄せる
小悪魔的美少女・澁澤ルミ役を熱演。

石原さとみ / 連続テレビ小説 てるてる家族

(2003年9月29日 – 2004年3月27日、NHK)
役名:岩田冬子

2003年9月~2004年3月にNHKで放映された、
石原さとみ主演の連続テレビ小説。

共演は、上野樹里、錦戸亮(NEWS/関ジャニ∞)ほか
番組放送後にブレイクした役者・アイドルが多数出演しているドラマ。

なかにし礼による小説『てるてる坊主の照子さん』が原案。
昭和の大阪を舞台に、製パン店を営む岩田家の夢と希望を描いた、
底抜けに明るい昭和の家族の物語は
ミュージカルタッチで軽やかに描かれているドラマは親しみやすく、
老若男女問わず幅広い世代に支持された。

製パン店を営む主人公一家の美人四姉妹
・春子(紺野まひる)、夏子(上原多香子)、秋子(上野樹里)、冬子(石原さとみ)が、
それぞれに個性的な才能を開花させてゆくさまは見ごたえがある。

姉妹たちの両親、春男(岸谷五朗)と照子(浅野ゆう子)の夫婦ぶりも微笑ましい。

石原さとみ / 天国への応援歌 チアーズ~チアリーディングにかけた青春~

(2004年4月3日、日本テレビ)
役名:美貴子

ポンポンやミニスカートなどで一見、華やかなダンスに見えるが、
実はとってもハードなスポーツ、チアリーディング。

このチアリーディングに青春の全てを捧げた
ある高校の部員たちの1年間に渡る激闘の日々を描いたドキュメンタリードラマ。

カリスマだった偉大な先輩部員の
死の悲しみを乗り越え、成し遂げた2年連続全国制覇。

その栄冠に至るまでの血の滲むような努力と仲間同士の固い絆、
さまざまな苦悩と葛藤が、いま明らかになる。

2002年10月に放送されたドキュメント
『天国への応援歌~めざせ!日本一のチアリーダー』
大阪の箕面自由学園高等学校チアリーディング部をモデルにしたドラマ。

主人公の森田美貴子に石原さとみ、保坂籐子役にソニン、
秋川ゆかりに沢尻エリカと、まだ幼くあどけなさの残る高校生役の貴重なドラマ。

そしてチア部のコーチ中尾静江役を天海祐希が演じている。

石原さとみ / BE-BOP-HIGHSCHOOL

(2004年6月16日、TBS)
役名:泉今日子

「週刊ヤングマガジン」きうちかずひろの大人気コミックが原作の
恋とケンカに生きるツッパリ高校生コンビの活躍を描いた痛快青春アクション。

過去に中山美穂、仲村トオル、清水宏次朗らで映画化され、
当時の若者から絶大な人気を誇った作品だ。

加藤浩志を演じているのは、本作でデビューを果たした窪塚俊介、
中間徹役に松尾敏伸、マドンナの今日子役に石原さとみが抜擢。

さらに山田優や松山ケンイチなど
現在も活躍中の若手俳優陣の出演にも注目!

愛徳高校の加藤浩志(窪塚俊介)と中間徹(松尾敏伸)は今年も落第。

今年もダブリの2年生になった。ケンカにはめっぽう強いが、
番長とか副番長とかカッコつけるのは大嫌いで、
実は同じクラスで優等生の泉今日子(石原さとみ)に惚れている。

舎弟の信雄(岩尾望)やスケバンの
順子(山田優)らとともにおバカな学園生活を送る彼らだった。

ある日、他校の生徒たちが続々と
城東工業高校のテル(小林且弥)に狙われ、ボンタン狩りが行われ、
愛徳の均太郎(大地洋介)、晋平(田辺伸之助)、純(松山ケンイチ)らも被害に遭うが、
おかまいなしの浩志と徹だったが、ついに二人もテルのターゲットに。

さらに、愛する今日子がテルにさらわれてしまい・・・

石原さとみ / WATER BOYS2

(2004年7月6日 – 9月21日、フジテレビ)
役名:矢沢栞

3年前まで女子校で、現在も9割以上が女子生徒である姫乃高校に、
勉強も水泳もダメな元水泳部員の水嶋泳吉(市原隼人)が転校してきた。

その高校には男子の運動部がなく、
山本洋介(中尾明慶)は泳吉と一緒に最初は水泳部を作ろうとする。

しかし早乙女 先生(金子貴俊)に勧められ、
水泳部でなくシンクロ部を設立する。

女子が権力を握り、シンクロ嫌いの大原夏子(山口紗弥加)、
男性の裸に免疫のない越野晴香(井上和香)の両先生がいる
姫乃高校では男子部員集めや練習場所・公演場所の確保に苦労する。

その他様々な問題に直面するが、
それらから逃げずに自分たちの夢に向かって奮闘する。

ヒロインの矢沢 栞(やざわ しおり)を 石原さとみが演じている。

石原さとみのドラマ一覧と役柄~2005年~2006年~

続いては2005年〜2006年の出演作品と役柄情報まとめです。
この辺りになってくると結構知ってるドラマなども出てきます。

石原さとみさん自体も作中で重要な役割を果たすことが
ほとんどになってきましたね。
どんどん大物女優になっていきます。

早速見ていきましょう。

石原さとみ / BE-BOP-HIGHSCHOOL2

(2005年8月17日)
役名:泉今日子

「週刊ヤングマガジン」きうちかずひろの大人気コミックが原作の
恋とケンカに生きるツッパリ高校生コンビの
活躍を描いた痛快青春アクションドラマの第2弾。

絶大な人気を誇る作品で出演者を変えて何度も映画化されている。

主要キャストは前作同様、ヒロイン・今日子に石原さとみ、
加藤浩志(窪塚俊介)と中間徹(松尾敏伸)。
山田優、松山ケンイチなどの初々しい演技にも注目。

相変わらず学校をサボっている加藤浩志(窪塚俊介)と
中間徹(松尾敏伸)に怒っている泉今日子(石原さとみ)。

「立花の生徒が愛徳の生徒にカツアゲされている」と聞いて
立花商業のナンバー1・菊永淳一(越中睦)は激怒し、
決闘状をナンバー2の郷ミノル(田中聡元)に届けさせる。

ところが、浩志と徹はミノルを捕まえ人質にしてしまう。

菊永に恥をかかせてやるつもりが、
浩志と徹の子分・兼子信雄(岩尾望)が逆に菊永たちに捕まり人質になってしまった。

しかし、浩志と徹は信雄のことなどすっかり忘れて
前川新吾(金子統昭)が連れてきた女たちと王様ゲームで盛り上がっていた。

石原さとみ / H2~君といた日々

(2005年1月13日 – 3月24日、TBS)
役名:古賀春華

あだち充の人気コミック
「H2」が原作で山田孝之が主演のドラマ。

中学時代、エースピッチャーだった国見比呂(山田孝之)は、
医師から「ガラスの肘」と診断され、野球を断念した。

あえて野球部のない私立千川高校に進み、
サッカー部に入部する比呂だったが、あるきっかけで
再び野球への情熱に火がつき、古賀春華(石原さとみ)が
マネージャーをつとめる、野球同好会に入ることになる。

そして、ついに野球名門校、明和第一高校に進んだ
ライバル・橘 英雄(田中幸太郎)と試合することになる。

一方春華は野球一筋の比呂が
次第に気になる存在になっていくのであった。

甲子園に夢をかける高校生たちの
野球にかけるの情熱と恋の青春ストーリー。

石原さとみ / 大河ドラマ 義経

(2005年1月9日 – 12月11日、NHK)
役名:静(静御前)

父を討った平清盛と真の父子のようなきずなで結ばれていた牛若。

やがて成長して源義経(滝沢秀明)となり、
平家を滅亡させ、兄・頼朝に追われて悲運の最期を
遂げるまでのストーリーを美しくダイナミックに描く。

人気絶頂のアイドル・滝沢秀明が
主演を務めた大河ドラマ「義経」。

滝沢と“タッキー&翼”でユニットを組んでいる
今井翼も那須与一役でドラマに登場した。

さらに、義経の異父妹・能子(よしこ)役で、屋島の戦いで
与一が射抜いた扇を掲げたのは、元モーニング娘の後藤真希。

そして、義経を愛する2人の女性、静御前役に石原さとみ、
うつぼ役を上戸彩が演じるなど、フレッシュな顔ぶれがドラマを彩った。

石原さとみ / 赤い疑惑

(2005年6月15日・22日・29日、TBS)
役名:大島幸子

TBSテレビ放送50周年、ホリプロ創業45周年特別企画で
リメークされたドラマ、「赤い疑惑」。
山口百恵が演じた悲劇のヒロインを石原さとみが熱演する。

大学助教授大島茂の娘・幸子(石原さとみ)は17歳になる。

フランスには舞台演出家として活躍する妹の大島理恵がいるが、
実は、その理恵こそが幸子の本当の母親であり、
幸子は大島家の実の娘では無かった。

パリに住む理恵が日本に来るという日、父・茂を空港に連れて行くために
大学にやって来た幸子は、学内の爆発事故に巻き込まれてしまい、
放射線療法用コバルト60が放出する放射線を大量被曝してしまう。

その時、幸子を助けたのが、医大生相良光夫(藤原竜也)だった。

幸子は、白血病になり闘病生活を送ることになったが、
父と母の秘密、そして、互いに
ひかれあった光夫との、本当の関係を知ってしまう。

石原さとみ / 怪談スペシャル 契り

(2005年8月2日、フジテレビ)
役名:由衣

『怪談スペシャル』は、2002年8月から12月まで放送された
怪談百物語の特別番組としてフジテレビ系列で
放送された4作品によるオムニバス時代劇。

「女の情念」をテーマに描かれ、
竹中直人演じる陰陽師の末裔役が登場する。

語り手は竹中一人ではなく、一緒に肝試しとして
百物語に参加する村人が話すスタイル。

その話の回想として物語は展開していく。

夫・清一郎(山口馬木也)の死ぬまで愛するのは君だけだ、
という言葉を信じて亡くなった妻のこう(佐藤仁美)。

こうの遺言により、清一郎は家の敷地内に墓を作り、祀った。

しかし、2年後、清一郎は新たに由衣(石原さとみ)という若い娘を嫁に迎える。

嫉妬に狂った「こう」は幽霊として現れ由衣を苦しめるが・・・

石原さとみ / クライマーズ・ハイ

(2005年12月10日・17日、NHK)
役名:望月彩子

1985年8月12日、群馬県の地方新聞社・北関東新聞社の
遊軍記者・悠木和雅(佐藤浩市)は谷川岳に向かう予定だったが、
出かけようとしたその時、テレビが、事故の第一報を伝えた。

「日航機が墜落した模様、乗客乗員は524人」、
1985年御巣鷹山で起こった日航機事故だった。

世界最大の単独航空機事故、
しかも群馬と長野の県境が墜落現場に推定されているという。

現場がもし群馬県側であれば、
北関東新聞にとっては大スクープ。

そして、悠木は日航機事故デスクに指名された。
部下の信頼を失い、上司から裏切られ、
そして社長からは叱責を受ける悠木。

地元新聞記者たちの興奮と混乱と苦悩に満ちた
一週間の先に悠木が見出したものとは、何だったのか・・・?

望月彩子を石原さとみが演じている。

石原さとみ / Ns’あおい

(2006年1月10日 – 3月21日、フジテレビ)
役名:美空あおい

2006年1月~3月、フジテレビ系で放映された
石原さとみ主演の看護士奮闘物語で、
こしのりょうの大ヒットコミック『Ns’あおい』が原作のTVドラマ。

新人ナース・美空あおい(石原さとみ)は、利益優先、著名人との癒着、
不誠実な医者という病院の現状に嫌悪を感じていた。

持ち前の正義感と看護士としての
使命感でひたむきに患者と向き合うあおい。

そんな新人ナース・美空あおいが様々な仕事の困難を通し、
成長していく様を描いたドラマ。

患者の看護に懸命になればなるほど、病院の利益優先、
医師優遇の厚い壁があおいの前に立ちふさがる。

あおいのの明るさと誠実さで病院の体質は変えていけるのだろうか?

あおいに好意を寄せる看護助手役として小山慶一郎(NEWS)が出演している。

石原さとみ19歳のときの出演のドラマ。

石原さとみ / Ns’あおいスペシャル 桜川病院最悪の日

(2006年9月26日)
役名:美空あおい

石原さとみ主演のあの『Ns’あおい』がスペシャルドラマで帰ってきた!!

美空あおい(石原さとみ)が勤務する桜川病院は
秋の人事異動で、ナースセンターには新人が配属されてきた。

あおいはプリセプター(新人指導担当)として
新人を指導する立場になっていた。

そこへ、アメリカのERにいたすご腕医師・夏目彬(石田ゆり子)が
泉田総師長(片平なぎさ)に呼ばれ赴任してくる。

夏目の科学的根拠に基づいた医療への考え方や、
アメリカ流のやり方に、度々ぶつかる高樹(柳葉敏郎)と夏目。

そんな桜川病院に入院してきたある老人を巡って、
取り組む医療問題と桜川病院でのスタッフ達の人間関係を描くヒューマンドラマ。

石原さとみ / DRAMA COMPLEX 手の上のシャボン玉

(2006年9月5日、日本テレビ)
役名:桜庭莉紗

妻・有希恵(榊原郁恵)、結婚を間近に控えた一人娘・莉紗(石原さとみ)と
三人暮らしの45歳のフリーライター・桜庭雄一(船越英一郎)は仕事も家庭も充実している。

ある日、雄一に肝臓がんで余命半年と残酷な事実が告げられる。
雄一の助かる唯一の方法は臓器移植で、担当医は生体肝移植を勧める。

ドナーの対象者は、有希恵、莉紗、そして、
ニューヨークに在住している銀行マンの弟・憲二(池田努)の3人だった。

雄一は、“肝臓が半分欲しい”と
切り出すことがなかなか出来ず、一人死の恐怖と闘うことになる。

憲二が、国際電話の受話器越しに
雄一の異変を察知し、雄一の病状がみんなに伝わってしまう。

幼い頃から、雄一に世話になっていた憲二は、
ドナーになることを二つ返事で了承し、
雄一は、有希恵らと喜びの涙を流す。

しかし、手術のために日本に帰国した憲二が、
交通事故にあい、脳死状態になってしまい――。

雄一の運命はいったいどうなってしまうのか?

石原さとみ / 氷点

(2006年11月25日・26日、テレビ朝日)
役名:辻口陽子  ※文化庁芸術祭参加作品

幸せな家庭を築いていた北海道・旭川の病院長・辻口啓造。

啓造の留守中3歳の長女ルリ子が殺されてしまう。

それは妻の夏枝が村井に口説かれている間の出来事だった…。

ショックのあまり夏枝は、ルリ子のかわりに
女の子を引き取って育てたいと言い出す。

ルリ子を殺した犯人・佐石の娘を引き取ったらどうかと、
友人の産婦人科医高木にすすめられる、啓造。

いったんは断ったものの、自分の留守中、
またもや夏枝が村井と逢引きしていると思い込んだ啓造は、
夏枝への復習から、殺人者・佐石の娘を引き取ることを決める。

そんな夫の想いも知らず、夏枝は、引き取った娘を”陽子”と名づけて溺愛する。
そして、陽子は素直でやさしい少女に育っていく。

しかし、陽子が9歳になった日、偶然、啓造の日記を目にした夏枝は、
陽子の出生の秘密に気付いてしまった。

真実を知った夏枝は、夫と陽子に激しい憎悪を燃やし、
陽子に怒りをぶつけ、陰湿ないじめを繰り返していくようになる。

石原さとみのドラマ一覧と役柄~2007年~2008年~

続いては2007年〜2008年のドラマ出演と役柄まとめです。
個人的にはこの時期のドラマはあまり見ていなかったイメージがあります。

まとめていて知らないドラマが多かったので
早速チェックしてみました。
ご興味ある方は見てみましょうね!
それでは早速見ていきましょう。

石原さとみ / 翼の折れた天使たちII 第一夜「衝動」

(2007年2月26日、フジテレビ)
役名:吉村ユリ

人気作家・Yoshi小説を原作にした、石原さとみ、戸田恵梨香、加藤ローサ、
香里奈ら人気の若手女優を主演に迎えて
ドラマ化した「翼の折れた天使たち」第2弾で、2006年2月~3月に放映された。

生きる意味を見いだせないため
心療内科に通うフリーターのユリ(石原さとみ)はコンビニの店員。

同僚や客にいつも素っ気ない態度を取ってしまう。
幼い頃から母親に愛情をもらった覚えのない彼女は、
毎日ビルの屋上で手すりを乗り越え、自殺を試みる日々。

ある日、道端でトラブルに巻き込まれたユリは

裕紀(佐藤隆太)と出会う。
最初はまともに会話をしようともしなかったユリも、裕紀は
心を開き始めていた。

現代の女性が悩み、苦しみ、喜びを抱きながらも
一人の人間として成長してゆく様子を描いたヒューマンドラマ。

石原さとみ / 花嫁とパパ

(2007年4月10日 – 6月26日、フジテレビ)
役名:主演・宇崎愛子

東京の大手アパレルメーカーの新入社員・宇崎愛子(石原さとみ)が、
実父・宇崎賢太郎(時任三郎)の束縛をなんとか逃れ、
恋人・三浦誠二(田口淳之介)と結婚するまでのストーリー。

社会人一年生になった宇崎愛子(石原さとみ)のテンションは最高潮だった。
なぜなら今日から、大人として、仕事も恋愛も楽しもうと決めているから・・・

しかし、ベルリンの壁よりも、高い鋼の壁、
愛子の父・宇崎賢太郎(時任三郎)
が愛子の前に立ちふさがっている。

『門限7時。男女交際、一切禁止。外泊なんてもってのほか』と
そんな“家訓”を20年間守ってきたけど、もう限界。

いいかげん“ウザイ”父から逃れて、
自由なりたい!と、社会に飛び出してみたものの、
現実はそんなに甘くなかった。

そんなとき、頼りになるのは、やっぱりパパ?
それとも、気になるあのイケメン?

一筋縄ではいかない“父と娘”の関係と、
仕事、家族、恋愛、結婚と、女性が経験
する普遍的なテーマを描く思いっきり笑って、
泣ける心温まるラブ&ホームコメディー。
石原さとみの変顔にご注目!

石原さとみ / 世にも奇妙な物語 秋の特別編「未来同窓会」

(2007年10月2日)
役名:松井春香

松井春香(石原さとみ)は、高校卒業から、
3年ぶりに会う仲間たちの姿を思い浮かべながら、
同窓会の会場に向かっていた。

会場のふすまを開ける春香。

しかし、そこには全く知らない50代の中年の男女が5人いた。

「すみません、間違えました」とあわててふすまを閉めた春香だが、
何度確認しても、同窓会の会場はその部屋で間違いないようだ。

おそるおそる再度ふすまを開けてみると、
「久しぶり!」「全然変わってないね」と、
その見知らぬ中年の男女が、親しげに春香に声をかけてくる。

とまどう春香だったが乾杯が始まり、次第に昔話に花が咲く。

そして不思議なことに、それは確かに春香の高校時代の話だった。

あらためて5人の顔を見つめなおす春香だったが、
次第にそれは、よく知る同級生の面影と重なっていき・・・

石原さとみ / 恋のから騒ぎ~Love Stories IV~「声が震える女」

(2007年11月30日、日本テレビ)
役名:彦田六美

人気バラエティー番組「恋のから騒ぎ」から
飛び出したエピソードのドラマ化第4弾!

ウェイトレスの彦田六美(石原さとみ)は、
語尾が震える特徴のある話し方の女の子。

太い黒ぶちメガネをかけ、ファッションセンスも悪く、
語尾が震えるせいで彼氏もいない。

話し相手といえば、母の一美(比企理恵)と、
自室の壁に貼ってある人気アイドル・グループ「ポセイドン」の
リーダー南裕也(塚本高史)のポスターだけだった。

そんな六美だったが、実は気配りがきく
女性で自分の担当以外の仕事も率先して行っていた。

でもドジで不器用なので、サブマネージャーの
鴨下早苗(辺見えみり)に叱られてばかりいた。

ある日、お客さんの足に食べ残しの
スープをかけてしまい、早苗に怒鳴られ落ち込む六美。

しかし、マネージャーの平野隆(鈴木一真)は、
六美の気配りの素晴らしさと一所懸命さを評価してくれた。

自室の裕也のポスターに、六美が平野への
恋心を報告していると、「告ればいいじゃん」と、ポスターから声が。

あこがれのアイドル・グループ「ポセイドン」裕也が
なんと六美の目の前に座っていたのだった!

六美の恋のゆくえは?

石原さとみ / まるまるちびまる子ちゃん 第26回「まる子、ピンポンパンを踊る」

(2007年12月6日、フジテレビ)
役名:ピンポンパンのお姉さん

デパートの屋上には、大勢の子供たちが集っていた。

実は今日は『ピンポンパンのおねえさんと怪獣ショー』が行われるのだった。

みんなの憧れ、ピンポンパンお姉さんの登場をワクワクしながら待つ、
まる子(伊藤綺夏)とおじいちゃん(モト冬樹)。

音楽が鳴りはじめてお姉さん(石原さとみ)が登場すると、子供たちは大喜び!

お姉さんと一緒に音楽に合わせて踊り始めたが…

ショーの余韻を楽しんでいたまる子とおじいちゃんの耳に怒鳴り声が聞こえてきた。

踊りを間違えてしまったピンポンパン
お姉さんがスタッフに怒られていたのだった。

しょんぼりしているお姉さんに、一生懸命励ますまる子。

一度はお姉さんにさよならを告げたまる子だったが、
さくら家の夕飯に誘うことを思いつき、呼び止める。

お母さん(酒井法子)のご飯を食べたらきっと元気になるから、
とピンポンパンお姉さんを家に連れて帰るまる子。

思いがけない突然のお客様に、さくら家は・・・

石原さとみ / 鹿鳴館

(2008年1月5日、テレビ朝日)
役名:大徳寺顕子

三島由紀夫の戯曲の中でも最高峰とされる『鹿鳴館』。
この『鹿鳴館』をテレビ朝日では開局50周年を記念して、テレビドラマ化。

文明開化の光と影を、華やかなキャスト、衣装、セットで再現した。

田村正和、黒木瞳、柴田恭兵、橋爪功、高畑淳子といった
ベテランに加え、石原さとみ、松田翔太ら
若手実力派とまさに豪華なキャストを実現。

外国映画を思わせるような絢爛豪華な舞踏会のシーンや、
愛欲をむき出しに生きる男女の
複雑に絡み合った人間模様を、鎌田敏夫の脚本で鮮やかに描き出す。

冷徹な政治家ぶりの田村と、自由のために
命を賭して闘う柴田の二人の男ぶり、そのはざまで
元芸妓としての誇りを演じる黒木の女ぶりは、
鹿鳴館の光と影を描き出したみどころ。

絢爛豪華な舞踏会の幕開けと
同時に動き始める人間劇を、きらびやかなシーンと共に描く。

石原さとみ / パズル

(2008年4月18日 – 6月20日、朝日放送・テレビ朝日)
役名:鮎川美沙子 

新しい英語教師の鮎川美沙子(石原さとみ)が
文武両道で名高い男子校に、赴任してきた。

見た目は二十歳そこそこなのに、
実はこの道10年のベテランだという。

そんな鮎川は『私語厳禁、質問厳禁、付け届けは
現金で』というむちゃくちゃなスローガンを掲げ、生徒たちに超高圧的に振舞う。

実は鮎川は金に目がなく、財宝がらみの事件があれば
すすんで首を突っ込んでいくのだった。

謎解きに関しては天才的な能力を発揮する彼女。

一攫千金を狙い、教え子である今村真一(山本裕典)、
神崎明(木村了)、塚本善雄(永山絢斗)を無理矢理連れ回し、
解決不可能といわれる犯罪のトリックや宝探しの謎解きに挑む。

石原さとみ / ウォーキン☆バタフライ 第1話、第10話

(2008年7月 – 9月、テレビ東京)
役名:早瀬ゆかり ※映画『フライング☆ラビッツ』との連動企画

長身であることにコンプレックスを抱えている主人公寅安ミチコが、
ひょんなことからファッションショーに紛れ込み、
モデルと間違えられ舞台に立つが、
ギャラリーの視線にさらされた途端、立ちすくんでしまう。

この失敗をきかっけに自分のコンプレックと向き合い、
それを克服して、ショーモデルになると決意するミチコ。

背が高いことのコンプレックスを
バスケットボールと出会うことで克服した幼なじみのCA,

水野樹(滝沢沙織)や背が低くても前向きな
新人CA早瀬ゆかり(石原さとみ)に触発され、頑張るミチコだった。

石原さとみ / 長生き競争!

2008年12月26日、東海テレビ)
役名:山田エリ

娘の智子(羽田美智子)と同居するために、
生まれ育った浦安の町に53年ぶりに戻ってきた
白石聡(宇津井健)だったが、街は一変していた。

小学校時代同級生でガキ大将だった吉沢弘(津川雅彦)と
再会した聡は、誘われるまま同窓会に出席することに。

痩せ細っていた及川明男(北村総一朗)は風呂屋を継ぎ、
健康オタクになり、控え目で弘によく殴られていた
大谷博夫(勝部演之)は大企業の大株主兼相談役そして、
ガリ勉だった渡辺正輝(小松政夫)は孫のために
わざと古臭い言葉を使う“いいおじいちゃん”になっている。

みんなのマドンナの
綿谷規子(草笛光子)が登場し、同窓会は一気に華やぐ。

そんな中、明男が、自らの残り少ない命にお金を賭けて、
最後まで生き乗った者が、賭け金を総取りする「“長生き競争”をしよう!」と言い出す。

翌日、いいだしっぺの明男が倒れ、
その意志を引き継ぐべく、長生き競争がスタートする。

ある日、聡のマンションに、
山田エリ(石原さとみ)が転がり込んでくる。

以前街で、エリが元カレの
毅(城田優)と揉めているところを、聡が助けたのだった。

孫ほども年が離れているエリを、聡は
同居人として受け入れるが、智子とはそのことが原因で大喧嘩に。

やがてエリの抱えていた秘密が明らかになり、
彼女もまた長生き競争に参加することになる。

石原さとみのドラマ一覧と役柄~2009年~2010年~

ここでは石原さとみさんが出演した
ドラマと役柄一覧2009年〜2010年をご紹介したいと思います。
このあたりに来るとかなり知っているドラマばかりになってきますね。

個人的にも好きなドラマがいくつかあります。
あなたの好きなドラマはありますか?

早速見ていきましょう!

石原さとみ / ヴォイス~命なき者の声~

(2009年1月12日 – 3月23日、フジテレビ)
役名:久保秋佳奈子

「法医学」をテーマに、法医学ゼミに
所属する5人の医学生が人の死と向き合う姿を描いた作品。

医学生たちの青春群像劇以外にも、加地大己(瑛太)が
死んだ人やその周辺の人々から得た情報に基づき、
死んだ人が死に至るまでの背景や真相を解き明かしていく。

東凛大学医学部4年の加地大己(瑛太)は、
志望していた「心臓外科学ゼミ」に不合格となっていた。

石末亮介(生田斗真)は、一番人気のゼミだから仕方がないよと励ますが、
大己は自分が受かっていたのに落とされたような気がしてならない。

スポンサーリンク

大己が合格していたのは、亮介と同じ「法医学ゼミ」だった。

その頃、同医学部4年で「脳神経外科学ゼミ」に合格した
久保秋佳奈子(石原さとみ)は同ゼミの教授を訪ね、
「法医学ゼミ」に異動させてくれと頼みこんでいた・・・。

石原さとみ / こちら葛飾区亀有公園前派出所

(2009年8月8日、TBS)
役名:駄菓子屋の「若いモエコ」

地域住民との触れ合いをさらに強化すると言い出す 部長 (伊武雅刀)。

早速、地域住民の話を聞きに行く 麗子 (香里奈) と
中川 (速水もこみち)と面倒臭そうに話しを聞いている
両津 (香取慎吾) の姿があった。

パトロールの途中、駄菓子屋に立ち寄る両津、麗子、中川の3人。

そこで店主の モエコ (渡辺えり) が開店以来一度も
休んでいないということを知った麗子は、
両津に 「1日だけ店番をしてあげたら?」 と提案する。

はじめは面倒臭そうな両津であったが、
突然店番をやらせてくれと言い出す。

早速、近所の小学生たちを誘って商売を始めるが、
予想をはるかに超える売れ行きに、すっかり疲れて
眠ってしまう両津であった。
ふと目を覚ますとそこは昭和30年代にタイムスリップした店内であった。

その店内には 若い女性 (石原さとみ) の姿が…。

今から45年前は美人で有名だった、駄菓子屋のオバチャンのモエコだった。
若いモエコのあまりの美しさと優しさに次第に惹かれて行く両津だった…

石原さとみ / 左目探偵EYE〈単発スペシャル〉

(2009年10月3日、日本テレビ)
役名:狭山瞳

角膜移植によって犯罪計画が見えるようになった中学生の活躍を描く、
Hey! Say! JUMPの山田涼介主演のサスペンスドラマ。

兄(横山裕)から左目の角膜を提供された愛之助(山田涼介)は、
その日から見たこともない映像が見えるようになり、不思議な能力を身につけることになる。

そんな愛之助(山田涼介)が天才的犯罪プランナー率いる悪の組織と戦うスピードサスペンス!

石原さとみは借金まみれの保健の先生、狭山瞳役で出演。

大塚恭司氏が監督のドラマ。

→ 山田涼介のドラマ&映画一覧!ジャニーズの若手俳優NO.1?

石原さとみ/ 左目探偵EYE〈連続ドラマ版〉

(2010年1月 – 3月)
役名:狭山瞳

新聞配達のアルバイトをしていた
田中愛之助(山田涼介)は、袋を背負って
走り抜ける大型犬と接触し、転倒してしまう。

転倒したときの衝撃で、愛之助の左目に、
『3つの四角形』『飛び立つ鳩』
『袋を背負う犬』『少女の顔』などの映像が飛び込んでくる。

3ヶ月振りに見えた左目映像に、
兄・夢人(横山裕)の新たな犯罪計画が
動き始めたことを予感する愛之助。

再び夢人の犯罪計画を阻止するため、
事件の調査に乗り出す愛之助と狭山 瞳(石原さとみ)だった。

愛之助は兄・夢人が幾重にも仕掛けた
巧妙な犯罪計画を阻止することができるのだろうか?
手に汗握るスピード感満載の謎解きサスペンス!

ジャニーズのイケメン!!
Hey!Say!JUMPの山田涼介さんの歴代出演全まとめ!
→ 山田涼介のドラマ&映画全まとめ

石原さとみ / 裸の大将 火の国・熊本篇~女心が噴火するので~

(2009年10月24日、フジテレビ)
役名:下城多美

熊本の阿蘇の火口に”放浪の天才画家”の
山下清(ドランクドラゴン塚地武雅)はいた。

阿蘇の火口から煙が噴出している。
その火口を不思議そうにのぞくのは、
観光客にまじり、阿蘇の火口を
見つめる若い女性の瞳に涙が・・・

おもわず声をかける清に、
女性(石原さとみ)はほほ笑んだ。

そんな清だったが、詐欺師(柳沢慎吾)一味に間違われ、
怒った客に追いかけられて逃げ出す。

熊本県山鹿市の山鹿灯籠踊りと遭遇し、
思わず一緒に踊り出す清。

「あんた、おかしか! 山鹿灯籠踊りは乙女限定」と
頑子オバさん(市原悦子)に怒られる清。

清は頑子の診療所に居候して、
頑子の手伝いをすることになった。

ある日、頑子の診療所に
あの涙していた女性(石原さとみ)が急患で運ばれてきた。

女性は多美といい、恋人の
伊津野弘樹(山口翔悟)の元から失踪したらしい。

清のやさしさに、かたくなだった
多美の心は次第に癒やされていく。

そこへ弘樹の父親・伊津野(中尾彬)が怒りこんできて・・・

石原さとみ / 椿山課長の七日間

(2009年12月19日、テレビ朝日)
役名:和山椿

脳溢血のため46歳で死亡した課長の
椿山和昭(船越英一郎)は、この世にまだ強い未練を残していた。

あの世でそれを訴え、現世への「逆送」を願い出た椿山は、
同じように逆送を希望した72人の中から
少年の雄一(蓮)とヤクザの親分の武田が選ばれた。

ただし、正体を明かさないことを条件に
初七日が終わるまでの間だけ
美女の和山椿(石原さとみ)として現世に逆送される。

「あの世」から「この世」に帰ってきた椿山は、
家族の秘密と親子の愛情、そして秘められた想いを初めて知ることになる。

椿山と同様に三日間だけのよみがえりを許された、
殺されたヤクザの親分・武田もま、自分が
殺された謎を追っていくうちに、仲間たちが
よせる信頼と愛情、絆の深さにあらためて気づかされるのだった―。

石原さとみ / 大仏開眼

(2010年4月3日・10日、NHK)
役名:阿倍内親王(孝謙天皇)

唐で類稀な学才を認められた
遣唐使・吉備真備(吉岡秀隆)は、天平6年(734年)、東シナ海の
荒波を乗り越えて、17年振りに
日本に帰国し平城京の片隅で待つ母、妹と涙の再会を果たした。

招かれた宮中の席で、17歳の
美しい娘・阿倍内親王(石原さとみ)と出会う、真備。
真備に内親王は「唐の学問は人の心を変えることができるのか?」と問うのであった。

やがて真備は東宮学士として内親王の教育係に抜擢され、
未だ若く脆弱なこの国の中で、
変転万化の人生を歩むことになるのだった。

737年、日本中を襲った天然痘で、
それまで政治に大きな影響を及ぼしていた
藤原の四兄弟が相次いで
死に平城京の権力構造を大きく塗り替えられた。

藤原氏による反乱を恐れた聖武天皇は東国へ行幸、
その途中の寺で見た盧舎那仏に魅せられ、
大仏の建立を思い描くようになる。

真備は国が疲弊している今、
大仏を造るべきではないと主張するが、
僧・行基の不思議な魅力に出会い、
聖武天皇との間を取り持つことになる。

その後、光明皇后に取り入って大出世を果たした仲麻呂は、
孝謙天皇を傀儡として絶大な権力を握り、
遂には真備を唐に追いやってしまう。

そんな激動の平城京で、
9年の歳月をかけて造られた
大仏の開眼法要が盛大に行われる。
翌年、真備はある決意をもって、
唐から奇跡の生還を果たすのだった。

石原さとみ / 逃亡弁護士

(2010年7月 – 9月、関西テレビ)
役名:二ノ宮絵美

若手弁護士の成田誠(上地雄輔)は
突然身に覚えのない罪をきせられ、
絶体絶命の危機に直面してしまう。

恩師殺し、放火、横領、強盗の罪を何者かに着せられてしまったのだ。

このままでは自分が極刑になることに
気付いた成田は、任意の取調べ中に逃走する。
真犯人を見つけ、自分の無実を証明するため、
警察や検察に追われながらも
自らの冤罪を晴らすために真実を追い求める姿を描く。

石原さとみは二ノ宮絵美役で出演している。
剛英城の人気原作をTVドラマ化。

石原さとみ / 霊能力者 小田霧響子の嘘

(2010年10 – 12月、テレビ朝日)
役名:小田霧響子

カリスマ霊能力者・小田霧響子(石原さとみ)“霊能力”は実はゼロ。
今日も人気テレビ番組で霊視を成功させ、喝采を浴びていた。

実際の響子は地味で臆病でオーラの欠片もない普通の女の子で、
従姉妹の芸能事務所社長・薫(大島優子)に無理矢理やらされているのであった。

薫の目を盗み現場から逃げ出すこともしばしば・・・
その度に黒服集団に強制的に連れ戻される響子であった。

そんな響子が、持ち前の観察眼と推理力、
そして地道に足で稼いだ情報によって真相に迫り、
“霊能力”という嘘で事件を解決していく。

「…見えました!」と、人を救うために、
どんな“嘘”でもつく“美人(ニセ)霊能力者”を石原さとみがキュートに演じる。

石原さとみ / 坂の上の雲 第2部・第3部

(2010年 – 2011年、NHK)
役名:秋山季子(秋山真之の妻)

日本が近代国家へと歩み始めた明治時代、
伊予国(現在の愛媛県)の松山にいた3人の男たち。

後に連合艦隊参謀として日本海海戦の勝利に貢献する
秋山真之(本木雅弘)とその兄で日本騎兵の
父となる好古(阿部寛)そして、
俳句・短歌の中興の祖となった正岡子規(香川照之)。

ただ前のみを見つめ、明治と言う
時代の坂を上ってゆく男達の物語。

【第2部あらすじ】

日清戦争後、大日本帝国とロシアの関係は悪化し、
対露戦争を見据えた大日本帝国は、イギリスと日英同盟を結んでいた。

英国駐在を経て帰国した真之は、
海軍大学校の教官に就任する。

一方、子規は俳句の革新を成し遂げたが、
壮絶な闘病の末に世を去る。

真之は連合艦隊参謀に補され、
大日本帝国は遂にロシアに、日露戦争の宣戦布告をする。

連合艦隊はロシア極東艦隊の基地・旅順を攻撃するが、
二度にわたる閉塞作戦に失敗し、真之は親友・広瀬武夫を失ってしまう。

【第3部あらすじ】

乃木希典率いる大日本帝国陸軍は、
要塞攻略を目指して正面突撃を繰り返した為、
多大な犠牲者を出してしまう。

乃木は作戦目標を二〇三高地の攻略に絞り、
親友・児玉源太郎の助けを得て攻略し、旅順艦隊は壊滅した。

好古率いる秋山支隊は、ロシアの
コサック騎兵を破る活躍を見せ、
ロシア側の作戦ミスも重なり、
大日本帝国陸軍は辛うじて奉天を制する。

一方、対馬海峡でロシアのバルチック艦隊を
待ち受ける大日本帝国海軍は、
バルチック艦隊の動きをどうにも掴めずにいた。

石原さとみは第2部・第3部に
出演している真之の妻秋山季子を演じている。

石原さとみのドラマ一覧と役柄~2011年~2012年~

ここでは石原さとみさんが出演したドラマ2011年〜2012年の
情報と役柄をまとめていきたいと思います。
私が一番好きなあのドラマも出てきます!!

それでは早速見ていきましょう。

石原さとみ / ブルドクター

(2011年7月 – 9月、日本テレビ)
役名:釜津田知佳

日本の「死因究明率」、実は先進国中、
最低レベルだとあなたは知っていますか?

自分の大切な人がある日突然死んでしまったら、
その理由をちゃんと知りたいと思いませんか?

「闇に葬り去られようとしている多くの真実」に切り込み、
死の裏に秘められた様々な人間模様を読んでいく、
そんな「法医学」の世界が今回の舞台。

愛、絆、憎しみ、裏切り、絶望etc・・・、
人間が抱える深い業。そんな、

もの言わぬ死者が残した声無き想いを手掛かりに、
愛、絆、憎しみ、裏切り、絶望etc人間が抱える深い業を読み取り、
謎と驚きに満ちたミステリアスな事件を紐解いていく。

主人公は、周囲の人々とのトラブルを恐れずに、

強い信念を持って突き進む、ブルドーザーのような
「最強の女」でありながら、家庭では家事や
子育てに四苦八苦している、等身大の母親、
大達珠美(江角マキコ)。

珠美にふりまわされる刑事の釜津田知佳(石原さとみ)。

「死因究明」を通して描かれるヒューマニズムと、
仕事と家庭の狭間で葛藤する女性たちのリアルな心理描写もみどころ。

石原さとみ / 使命と魂のリミット

(2011年11月5日・12日、NHK)
役名:氷室夕紀

東野圭吾のサスペンス小説
『使命と魂のリミット』が土曜ドラマスペシャルとして登場!

「医療ミスを公表しなければ、病院を破壊する―」、
帝都大学病院に突然届いた脅迫状。

「隠された医療ミスなどない」と心臓血管外科の権威である
西園教授(舘ひろし)は断言するが、
研修医の氷室夕紀(石原さとみ)は、
その言葉を鵜呑みにはできなかった。

なぜなら、彼女の父は手術中に命を落とし、
その執刀医は西園だったのだ。

研修医として激務の日々を送る夕紀は、
母へと近づく西園へ疑惑を深めていく。

警察の捜査が始まるが、脅迫は更にエスカレートし、
病院は危機的状況に追い込まれる。

西園が執刀する大手術に
夕紀は助手として参加することを命じられる。

あの日、手術室で父にいったい何が起こったのか?

そして脅迫犯の真の目的とは?

石原さとみ / 蛇蝎のごとく

(2012年3月14日、テレビ東京)
役名:古田塩子

鉄鋼会社の部長・古田(市村正親)は仕事一筋の堅物だったが、
部下のOL(芦名星)に微かな浮気心を抱いていた。

そんなとき、娘の塩子(石原さとみ)が
なんと妻子ある男とマンションを借りていた。

突然来たダブルベッドの配送確認でそれを知った古田は
2人の住むマンションに乗り込み、
不倫相手の石沢(小澤征悦) と大騒ぎとなる。

ところが、古田の妻・かね子(黒木瞳)と
石沢の妻が仲良くなったり、古田の浮気心がばれたり、
塩子の元カレの佐久間(中村俊介)が乱入したりと、
家族それぞれが隠してきた綻びが露呈することとなる。

そして…

哀しくも劇的なクライマックスがやってくる。

石原さとみ / リッチマン、プアウーマン

(2012年7月 – 9月、フジテレビ)
役名:夏井真琴(澤木千尋)

小栗旬が3年ぶりの月9主演となり、
石原さとみがヒロインに抜擢!

IT企業社長と、就職難にあえぐ女性の恋を描く、
女性なら誰もが憧れるシンデレラストーリー!

主人公の日向徹(小栗旬)は人間的に
欠落した部分が多分はあるけれど、
偶然と運でフォーブスにも掲載される
ビリオネアになったIT社長のリッチマン。

将来困らないようにと、勉強や資格取得に励んできたにも関わらず、
就職先がいまだ見つからない
東大生のプアウーマン、澤木千尋(石原さとみ)。

そんな徹と千尋が出会い、
たびたびの衝突を繰り返しながらも、
お互いを知り成長していく物語。

また、徹と強い絆で結ばれている、
共同経営者・朝比奈恒介役を井浦新、
恒介の妹で、真琴の恋のライバルとなる燿子役を相武紗季が演じる。

石原さとみのドラマ一覧と役柄~2013年~2014年~

ここでは石原さとみさんが出演したドラマ2013年〜2014年の
ドラマのあらすじと役柄のまとめを見ていきましょう。

もう大女優と言っていいほど
知名度も実力も付いてきた彼女の出演してきた
ドラマと役柄を見ていきましょう。

あなたの好きなドラマはありますでしょうか??

石原さとみ / リッチマン、プアウーマン in ニューヨーク

(2013年4月1日)

日向徹(小栗旬)と夏井真琴(石原さとみ)は
お互いの気持ちを確かめ合ったのもつかの間、
日本とブラジルという、地球上で一番遠く離れて生活するカップルになってしまう。

そんな徹と真琴だったが、期間限定で
ひとつ屋根の下での共同生活をすることになる。

離れ離れだった二人がようやく“ひとつ屋根の下”で
楽しい生活を始められる…はずだったが、
生活感満載の真琴と、気に入ったものしか
身の回りに置きたくないというこだわりがあり
家具のいっさいない部屋で暮らす、徹は当然ながら全く合わない。

価値観や生活スタイルが全く正反対の二人だが、
果たしてその恋はうまくいくのか! ?

そしてNext Innovationを去ってしまった、
親友で共同創業者の朝比奈恒介は
Next Innovationに戻ってくるのだろうか?

石原さとみ / ラッキーセブン スペシャル

(2013年1月3日、フジテレビ)
役名:栗原みづき

2012年の1月期に放送され、驚きの超豪華キャスト陣の
競演や本格的なアクションで話題になった
松本潤主演『ラッキーセブン』が、
視聴者の熱い要望より、スペシャルドラマとなって復活。

あの探偵たちが再び戻ってきた!

松本潤・瑛太・仲里依紗・角野卓造・大泉洋・松嶋菜々子、
の超豪華俳優陣がラッキーセブンで再び集結! !

今回彼らと対決するのは、
石原さとみ演じる“魔性の女”と
及川光博演じる“天才経済学者”。
プレイボーイ・松本VS魔性の女・石原の騙し合い、果たして結果は! ?
そして、知能犯・及川に挑む女ボス・松嶋の掟破りの作戦は! ?

今回のミッションは、天才経済学者の
秘書・栗原みづき(石原さとみ)の正体を暴くことだった。
栗原みづきは男を破滅させる魔性の女だからだ。

やり手の若手実業家・二代目のレストラン経営者に成りすまし、
彼女に近づく駿太郎(松本潤)の作戦は見事成功。

彼女は駿太郎の前では素直で女らしい素顔を見せ、
駿太郎も任務を忘れてつい彼女に心奪われてしまう。
二人は恋におちていくが、実はそれは魔性の女のワナだった。

そんな二人の恋の行方は?

石原さとみ / 世にも奇妙な物語 ’13秋の特別編「仮婚」

(2013年10月12日)
役名:盛田成美

独身で彼氏もいないOLの盛田成美(石原さとみ)は、27歳。

「仮婚相談員」と名乗る怪しい男
・並木(北村有起哉)から「仮婚」というシステムを紹介される。

「仮婚」とはなかなか機会にめぐまれない
働く女性のための二日間限定の結婚で
三つのプランで飛行機の座席のように分けられていて、
擬似結婚を体験できるのだという。

内心は結婚に興味があった成美は、”仮婚”を体験してみることにした。

飛行機の座席のようにエコノミークラス、
ビジネスクラス、ファーストクラスと3つのプランからなる
”仮婚”。相手の男性の年収で
どのプランになるかが決まっているという。

成美はためしにに無料の
エコノミークラスから体験してみることした。

ビジネスクラスの”仮旦那、
ファーストクラスの”仮旦那を体験する成美。

最後に成美が選んだのは・・・

石原さとみ / 恋

(2013年12月16日、TBS)
役名:矢野布美子(青年期)

1972年2月28日、軽井沢で起こった
連合赤軍浅間山荘事件と同じ日。

その事件現場からそれほど離れていない別荘地で、
もう一つの殺人事件が起こっていた。

加害者は22歳の女子大生、
矢野布美子(石原さとみ)で、被害者は、
地元の電気屋の青年と大学の助教授。

電気屋の青年は射殺され、
助教授は下半身不随の重傷を負っていた。

事件現場に居合わせた助教授の妻は、
まるで貝のように固く口を閉ざしている。

ごく普通の女子大生であった布美子は、
英文学翻訳のアルバイトで出会った大学助教授の
片瀬信太郎(井浦新)と妻・雛子(田中麗奈)と倒錯した“恋”に落ちていく。

しかし、その恋はひとりの
青年・大久保勝也(斎藤工)の出現によって急速に崩壊していく。

布美子は事件の動機を一切語ることなく、
全ての罪を受け入れてしまう。

なぜなら彼女には、何よりも守るべき“ある秘密”があったのだ。

石原さとみ / 新春ドラマスペシャル “新参者”加賀恭一郎「眠りの森」

(2014年1月2日、TBS)
役名:浅岡未緒

多くのファンに続編を待望されていたあの
『新参者』の「加賀恭一郎シリーズ」が、満を持して登場!!

加賀恭一郎の武器は、類まれなる洞察力と
緻密な観察眼で、複雑に入り組んだ謎を、
驚くべき頭脳と行動力で解決していく。

犯人を突き詰めるだけではなく、
複雑に絡み合った人たちの心の傷を、
一つ一つ紐解いていく加賀のワザに、容疑者たちは、
やがてすべてを打ち明けていく……。

今作は、そんな加賀の人格を形成した
過去が明らかになるヒントと、いつも冷静で硬派な加賀が、
ヒロインに抱く恋愛感情を垣間見ることができる、珍しい作品。

才能あるバレリーナの女性たちに魅せられ、惹きつけられ、
加賀自身が自分が紐解いた
哀しき真実に苦悩するという“泣ける”大人の刑事ドラマです。

世界が認めるバレエダンサー・熊川哲也が
芸術監督を務めるKバレエカンパニーの全面協力を得て撮影が実現。

Kバレエカンパニーが実際の公演で使っている、
振付から音楽、舞台美術、衣裳など、舞台に関わる全てが登場し、
「白鳥の湖」「眠れる森の美女」の演目も!

バレエファンの方も楽しめる映像が見どころ!

高柳バレエ団で不可解な殺人事件が起こる。
団員の葉瑠子は正当防衛を主張するが、
加賀は調査を続け、所轄の太田刑事も次第に引き込まれていく…

石原さとみは儚げな雰囲気を漂わせながらも、
バレエに燃えつきるかのようなヒロイン未緒を好演。

石原さとみ / 失恋ショコラティエ

(2014年1月13日 – 3月24日、フジテレビ)
役名:高橋紗絵子

原作は累計発行部数250万部を超える
水城せとな原作の「失恋ショコラティエ」をドラマ化。
松本潤が若き天才ショコラティエを演じる、甘く切ない「片想い」
一度食べたらやみつきになるスイーツ・ラブコメディ!

天然系小悪魔サエコは石原さとみの当たり役。
キュートでエロい演技が大好評!

製菓学校に通う小動爽太(松本潤)は、
高校時代に一目惚れした憧れの先輩、サエコ(石原さとみ)と念願かなって交際。

しかし、二人で迎えるはずのバレンタイン当日、
サエコは爽太とは会えないという。

バレンタイン前日になんとかサエコに会えた爽太だが、
チョコレートが大好きなサエコのために
誠心誠意作ったチョコレートも受け取ってもらえず、
さらに、付き合っていたつもりはないとまで言われてしまう。

しかし、爽太は一途にもサエコが大好きな
チョコレートで彼女を振り向かせようと一念発起し
フランスに渡り、修行を積んでとうとう一流のショコラティエになる。

帰国後、自分の店を持つが頭の中は
最強天然系小悪魔サエコへの想いでいっぱいだった。
一目惚れしてからかれこれ約12年、大好きなサエコとの甘い妄想にふけりながら
身も心も振り回される一途な片想いの行方はいったい?

石原さとみ / ほんとにあった怖い話 15周年スペシャル「S銅山の女」

(2014年8月16日、フジテレビ)
役名:山辺夏美

ほんとにあった怖い話は、1999年に放送がスタートした
オムニバス形式の人気ホラーシリーズ。

日本中から届いた本当に起きた心霊現象や
不思議な体験を忠実にドラマで再現し、
恐怖VTRを見た案内人の稲垣と“ほん怖クラブ”のメンバーたちが
スタジオで怖さを吹き飛ばすおまじないを唱えるのが定番である。

小池徹平演じる同僚と取引先から車で帰社していた
山辺夏美(石原さとみ)は、山道で迷い込んでしまい、
荒れ果てた廃墟にたどり着く。

この一帯はS銅山と呼ばれる閉山した
心霊スポットとして有名だった。夏美がそこを訪れて以来、
社内で不思議な現象が次々と起こり始める。

上司も部下も体調不良を訴え、入院する者まで出てくるように。

S銅山が原因ではないかと思った
夏美は再びS銅山を訪れるが、
そこでは想像を絶する恐怖が夏美に襲いかかる…。

石原さとみ / ディア・シスター

(2014年10月16日 – 12月18日、フジテレビ)
役名:深沢美咲

石原さとみ&松下奈緒の豪華W主演!
性格も生き方も全く違う凸凹姉妹を演じる。

傷つけ合いながらもお互いに足りない
部分を補い合いながら一緒に生きていく、
ちょっぴり切ないラブコメディー。

“妹”を演じるのは、ドラマ『失恋ショコラティエ』などが好評、
最近エロさとキュートな演技が光る、今最も輝いている女優・石原さとみ。

そして“姉”を演じるのは、NHK朝の
連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』で国民的人気を得た演技派女優・松下奈緒。

さらに、2010年に三代目J Soul Brothersに
パフォーマーとして加入、さらに2014年に
EXILEに加入したイケメン、岩田剛典が連続ドラマ初レギュラー出演!
『赤い霊柩車シリーズ』でもおなじみの片平なぎさが、久々のラブコメ登場。

さらに、平山浩行、田辺誠一など、豪華共演者がドラマを盛り上げる!

自由奔放で天真爛漫な妹と、
真面目で不器用な姉、2人の姉妹が物語の主人公。

姉・葉月(松下奈緒)の前に突然姿を現した、
ずっと音信不通状態だった妹・美咲(石原さとみ)。
葉月、美咲のそれぞれの人生に波乱が起きはじめる…。
凸凹姉妹の“姉妹あるある”は必見!

三角関係にとどまらなず
更に多角関係に絡み合う大人の恋愛模様の行方はいったい?

「ベイビーアイラブユー」「ビリーヴ」でおなじみ
“結婚式で最も人気のアーティスト”シェネルが初のドラマ主題歌を書き下ろし!

【関連記事】

→ 岩田剛典の出演ドラマと歴代映画一覧!今後の活動は?

石原さとみのドラマ一覧と役柄~2015年~2016年~

ここでは石原さとみさんが2015年〜2016年に出演してきた
ドラマのあらすじと役柄をまとめていきます。

かなり最近のドラマになってくるので
まだまだ記憶に新しいドラマも多いのではないでしょうか?

早速ですがチェックしていきましょう^^

石原さとみ / 5→9~私に恋したお坊さん~

(2015年10月12日 – 12月14日、フジテレビ)
役名:桜庭潤子

石原さとみ&山下智久の初共演!ドラマ。
いきなりモテ期到来の英会話講師と
イケメン僧侶の極上のラブコメディ!

原作は、胸キュンの神様と言われる
相原実貴の人気コミック、「5時から9時まで」。

2000年頃から原作漫画で描かれてきた
「壁ドン」「顎クイ」などで、女子の胸キュン要素を見事に再現。
ニューヨークで働くことを夢見る、
英会話講師の桜庭潤子(石原さとみ)は、もうすぐ29歳。
夢に向かって努力はしているが、
潤子にとってニューヨークはまだ遠い場所だった。

ある日、参加した寺での葬式で、やらかしてしまう、潤子。
足がしびれふらき、読経中の僧侶に
想いっきり灰をぶちまけてしまったのだ。

彼とはもう会うこともないだろう…そう思っていた矢先、
家族にだまされて潤子は見合いをすることに。
その見合いの相手とは、
なんと灰をぶちまけたあの僧侶、星川高嶺(山下智久)だった。

海外で暮らすのが夢だった
潤子(石原さとみ)に突然訪れたモテ期。
「夢をかなえるのか」「仕事を続けるのか」それとも「結婚するのか」?

揺れる思いの中、潤子が選ぶのは?!

恋愛不器用の女性のための共感指数MAXのラブコメディ。

石原さとみ / 戦艦武蔵

(2016年8月6日、NHK BSプレミアム)
役名:真中麻有

絶対沈まない軍艦と言われながらも、
アメリカ軍の攻撃で爆弾・魚雷を受け撃沈された、
戦艦武蔵。

その巨大戦艦武蔵がフィリピンのシブヤン海で、
71年の時を経て発見された。

この戦いを生き延びた元乗組員や戦死者たちの遺族にとって、
武蔵の発見はその心を大きく揺さぶるものだった。

夫や父がどこでどのように死んだのか
真実を知りたいと願ってきた者、
自分だけが生き残ったという罪の意識に苛まれ続けてきた者、
不沈艦武蔵の沈没を認めず今回の発見を否定し固く心を閉ざす者・・・

70年の時を隔てて武蔵と“再会”した彼らの思いをドラマ化。

ある人物を探しに四国に来た、

28歳の介護職員の真中麻有(石原さとみ)。

麻有が探しているのは、
武蔵の元乗組員の木山三男(津川雅彦)だった。

実は、麻有の祖父・俊之は戦艦武蔵の元乗組員で、
祖父がどのような最期を遂げていたのかを知りたいと、
年老いた祖母・ふみ(渡辺美佐子)とともに木山を探しに旅に出たのだ。

俊之の戦友の木山を何とか探し当てたふたり。
1人でお遍路に来ていた謎の若者、
篠原徹(勝地涼)の秘密も次第に明らかになる。

麻有とふみが木山から聞かされたことは、思いがけない事実だった。

封印を解かれた70年前の記憶と、
祖父が愛する人のために残した最後のメッセージがついに明かされる・・・。

石原さとみ / 地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子

(2016年10月 日本テレビ)
役名:河野悦子

オシャレ大好き河野悦子(石原さとみ)はファッション誌の編集者を夢見ている、が、
悦子が配属されたのはファッション編集部ではなく、超地味な「校閲部」だった。

しかも憧れのファッション編集部には
なんと高校時代の後輩・森尾(本田翼)の姿が。

悦子は校閲部長の茸原(岸谷五朗)に猛抗議するが、
茸原は「仕事ぶりが認められれば、希望の部署に移れるかもしれない・・・」と悦子に言うのだった。

早速その気になった悦子はファッション編集部への異動を目標に、
校閲の仕事を頑張ろうと決意する。

破天荒な悦子の校閲方法に担当編集者・貝塚(青木崇高)は大激怒。
大御所作家の本郷大作(鹿賀丈史)から
「この校閲をしたものを連れて来い」と呼び出しがかかる。

一方、上司から命じられたイケメンモデル探しで、
森尾(本田翼)はちょっと変わった
大学生・折原幸人(菅田将暉)を発掘するが、
偶然出会った幸人に悦子も一目惚れ!

地味な校閲のお仕事にド派手ガール・河野悦子が新風を巻き起こす。

最後にまとめ

ぽってり唇がエロく、セクシーな石原さとみさん。
そして、彼女はかわいいだけじゃなく演技もスゴい、
いま最も輝く女優さんです。

そんなエロカワな石原さとみさんから
今後ますます目が離せないですね!

今後も随時最新情報を更新していくので
良ければチェックしてくださいね。

それでは最後までご覧いただき
ありがとうございました!!

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。