成宮寛貴のドラマ一覧!全ての思い出を振り返ってみた..

成宮寛貴,ドラマ
LINEで送る
Pocket

薬物使用疑惑で
芸能界を電撃引退をした成宮 寛貴さん。

とても大好きだった
俳優さんだけあって残念な部分が大きいです。

ここでは、
様々な広をこなし、
演技派で知られる成宮寛貴さんの
出演ドラマを一気に振り返ります。

実際に見ていた
ドラマが多かったので
振り返って見てとても懐かしかったです。

久しぶりに
ドラマを見てみるのもオススメです。

スポンサーリンク

記事の概要

成宮寛貴のドラマ一覧と役柄情報

成宮寛貴さんのドラマは
本当によく見ていました。

久しぶりに
見たりすると今の状況からして
少し寂しい気持ちと
懐かしい気持ちがあります。

今後は、
ドラマやテレビなどで
見ることがないと思うと悲しいですね。

なんとか復活してほしいですが
そこは、個人と社会の問題があるので
全く予想が付きません。

ここでは、
成宮寛貴さんが
今まで出演してきたドラマの内容を
全てまとめていきますので
よければチェックして見てください。

事件の影響か、
ドラマのDVDなどが
売り切れになったりすることも多いので
見たい方は早めにチェックして見ることを
オススメします。

それでは、
早速見ていきましょう。

成宮寛貴/金田一少年の事件簿 第4・5話

(2001年8月4、11日、日本テレビ)
斑目揚羽 役

はじめ(松本潤)、美雪(鈴木杏)、剣持(内藤剛志)の
3人は斑目揚羽(成宮寛貴)という少年と知り合い、
斑目家で開かれる幻の蝶のお披露目パーティーに招待された。

斑目家の当主・紫紋(ムッシュかまやつ)は蝶の研究家で、
邸内にはさまざまな蝶が飛び交っており、
パーティーでは幻の夜光蝶が紹介された。

揚羽には、姉の舘羽(山口佳奈子)、
妹るり(柳英里紗)の2人の姉妹がおり、
るりは片方の目だけ緑色をしていた。

そんな中、死を招く呪いの蝶・黒死蝶がみつかり、
恐怖で顔をこわばらせる関係者たち。

そして、その夜紫紋の長女・舘羽が
残忍な方法で殺害された。
さらにるりの死体も見つかった。

果たして、はじめはトリックを
見破り真犯人をみつけられるのだろうか?
そして斑目家の謎とは?!

成宮寛貴/木更津キャッツアイ

(2002年1月18日 – 3月15日、TBS)
佐々木純 役

21歳の元高校球児、ぶっさんこと田渕公平(岡田准一)は、
ある日、末期ガンで余命半年と宣告される。

死ぬまでの数ヶ月を悔いなく
好き放題生きることに決めたぶっさんは、
怪盗団「キャッツアイ」を結成する。

バンビ(桜井翔)、アニ(塚本高史)、
マスター(佐藤隆太)、ウッチー(岡田義徳)は
ぶっさんの高校時代のチームメイトで、
今も草野球チーム「木更津キャッツ」のメンバー。

怪盗団「キャッツアイ」の
ターゲットは、ドラネコ(阿部サダヲ)。

猫田の彼女モー子(酒井若菜)の
協力もあってなんとか盗みを成功させる一同。

祝杯の席でぶっさんは
自分の死を告白するのだった。

「さむいこと言うなよ」
「もうその話しはナシな」と
一見仲間の反応は薄かった、が、
「友人の死」という問題は、
彼らの胸の内に刻まれていたのだ。

そんな思いを隠しながら「キャッツアイ」は、
夜な夜な世のため人のため、
木更津の街を暗躍するのだった…

宮藤官九郎が脚本を書き下ろした、
破天荒なのにたまらなくリリカルな青春オムニバスドラマ。

死について語りながらも暗さも感じさせない爽快感と、
時間の巻き戻しや早送りを
効果的に使ったストーリーテリングが見どころ。

成宮寛貴は塚本高史(アニ)の弟
役佐々木 純として出演。

高校きっての投手でプロのスカウトからも注目を浴びるスター。
その才能や待遇にやっかむアニとの
関係がうまくいっていなかったが、
アニが野球部監督に就任し、
少しは頼もしい姿を見せるようになったことで
関係も僅かに修復していく。

ワールドシリーズでは
プロ入りを果たしているが、名前しか登場しない。

成宮寛貴/サラリーマン金太郎3 第3話

(2002年1月20日、TBS)
丸山 役

ヤマト建設は手抜き工事を認め、
補強工事をすることを決断。

龍之介(津川雅彦)を始め、
“ヤマトの心”を見て去った金太郎(高橋克典)は、
補強工事のいち作業員として働いていた。

手抜き工事を認めたヤマトの信用はガタ落ちし、
株価は暴落。鷹司、前田、田中らの進める
新プロジェクトにも暗雲が…。

ある日、
金太郎がアパートに戻ると
真澄(羽田美智子)がいた。

浮気を心配して様子を見に来たのだ。

しかし、
金太郎の無精ひげを見て
安心した真澄は次の日に帰る。

衝撃の電話が龍之介から金太郎に入ってきた。

なんと、
丸山(成宮寛貴)が自殺したというのだ。

自殺する前日に、
自分を訪ねてきた丸山の様子を思い出す金太郎。

帰らぬ人となった丸山と
対面した金太郎は悲しみを隠せなかった。

楽しい子供たちと真澄の声が漏れてくる我が家に
どうしても入ることが出来ず、
そのまま『小雪』に向かう金太郎。

他の客が誰もいないカウンターで
静かに飲み暮れる金太郎のそばに
冬美(森口瑤子)はそっと寄り添うのだった。

成宮寛貴/ごくせん 第1シリーズ

(2002年4月17日 – 7月3日、日本テレビ)
野田猛 役

悪名高き男子校、白金学院に新米女教師、
山口久美子(仲間由紀恵)がやってきた。

荒れくれ者の生徒たちの
脅しにピクリともしない、久美子。

なぜなら、久美子の実家は
あの泣く子も黙る任侠・大江戸一家!

夢にまで見た教師にようやくなった久美子は、
実家の大江戸一家をひた隠しにする。

隠しても、任侠に裏付けられた熱い正義感は、
筋の通らないことは許せないのだった。

実は久美子は喧嘩がめっぽう強く、
次々と起こる事件を豪快に正していく。

仲間由紀恵の当たり役で、松本潤、
小栗旬、石垣佑磨、成宮寛貴、
脇知弘の豪華共演が話題のドラマ。

成宮寛貴は、3年C組担任の
英語教師藤山先生(伊東美咲)に
想いを寄せている野田 猛を演じている。

成宮寛貴/フォーチュンの扉 / 超V.I.P. 第4話

(2002年7月29日、フジテレビ)
南条拓哉 役

超V.I.P.とは、
1999年~2008年3月まで
フジテレビで放送されていた深夜の情報番組。

番組のコンセプトは「お取り寄せ」で、
女性視聴者(主に20代)をターゲットにしている。

視聴者に購入を勧めるのではなく、
あくまで視聴者に紹介し購入を促すことがメインで、
主に「食べ物」や「DVD」の紹介をしていた。

スタート当初は、新人の女優やアイドルを紹介する
「フレッシュタレント」のコーナー(宮崎あおい、平井理央などが出演)と
ビデオ・DVD紹介のコーナーが柱で、
タレント紹介コーナーをまとめた「フレッシュタレント名鑑」、
人気のあったタレント(上戸彩、加藤夏希、長澤まさみ、松本まり)らの
イメージビデオ『THE COMPLETE』が誕生し、発売された。

 『フォーチュンの扉』は2002年に、木村忠寛監修のもと
フジテレビビジュアルクイーン
(市川由衣、香里奈、沢尻エリカら)を
主演にしたミニドラマ。
南条拓哉役で成宮寛貴は出演。

成宮寛貴/大河ドラマ 利家とまつ~加賀百万石物語~

(2002年、NHK)
前田利政 役

織田信長・豊臣秀吉に仕え、
加賀藩主前田家の祖となった前田利家と、
その妻・まつを中心に描いたドラマ。

主演は唐沢寿明、
まつ役は松嶋菜々子が演じた。

「槍の又左衛門」と言われた槍の名手、
尾張荒子の領主前田利昌の
四男・前田又左衛門利家(唐沢寿明)は
父の反対を押しきって信長に仕官した。

そして、稲生の戦いで手柄を挙げた利家は、
信長の親衛隊の赤母衣衆の筆頭になる。

しかし、茶坊主で信長の寵愛を
笠に好き放題に振る舞っていた、
拾阿弥(出光秀一郎)に度重なる侮辱を
受け斬ってしまった利家は、
信長(反町隆史)の怒りを買い、勘当されてしまう。

2年間の放浪の末、美濃の猛将・足立六兵衛を
討ち取り帰参が叶うが、出世競争では
秀吉(香川照之)や明智光秀(萩原健一)などに遅れをとっていた。

その後、秀吉の臣下となり豊臣政権随一の
重臣として活躍するのだった。

そして秀吉の死後、
天下人を目前にした
矢先に利家は病で亡くなってしまう…。

利家の次男の
前田利政を成宮寛貴が演じている。

成宮寛貴/少年たち3

(2002年8月19日 – 9月9日、NHK)
海野友紀 役

調査官・広川一(上川隆也)は、
新任地の中信濃支部へ向かう途中、
少年たち5人がオヤジ狩りをしている現場に出くわす。

その手口は、少女が携帯電話のメールで
知り合った男を誘い出し、
他の4人の少年が暴行を加え
金を奪い取るというものだった。

ニ人目の被害者(大谷亮介)の
通報で逮捕された5人だったが、
目撃者である広川は担当の
田中刑事(きたろう)に協力することになる。

そしてその管轄は先輩調査官の
小田朋子(麻生祐未)が主任を勤める美和支部だった。

美和支部でオヤジ狩りの調査をすることになった広川は、
元調査官の沢田虎一(小林桂樹)と知り合う。

男性をおびき出していた少女ミチ(近藤綾子)は
最初は自分の名前すら語ろうとしなかったが、
広川の問いかけに二人目の
男性は自分の父親だったと衝撃の告白をする。

沢田は補導委託先として自宅で
面倒をみていた少年
北川(新井浩文)の行方を探していた。

その北川と鑑別所にいる少年たちに接点が見つかり出す。

そして、
少年たちの中の海野(成宮寛貴)と
金子(遠藤雄弥)に
覚醒剤反応がみつかり、二人は再逮捕されてしまう。

成宮寛貴/オカンは宇宙を支配する

(2002年9月23日、フジテレビ)
鎌田ツヨシ 役

フジテレビのヤングシナリオ大賞受賞作を
ドラマ化した作品で、
成宮寛貴が初主演を果たした作品。

競馬とパチンコにのめり込み、
借金を抱え込んだダメ男の鎌田ツヨシ(成宮寛貴)。

そんなツヨシは友人で
映画製作が夢の虎太郎(脇知弘)と
一緒に銀行強盗をする。

ところが逃げようとする客に銃を向けると、
なんとツヨシの母・美栄子(余貴美子)だった。

おまけに美栄子は人質になって
一緒に逃亡すると言いだすしまつ。

そんなこととはつゆ知らず、
酒屋店主の父・鎌田清(徳井優)は、
警視庁捜査一課の大友圭一郎(村田雄浩)に
妻が人質にとられたと言われて仰天する。

パワフルな母とそんな彼女に辟易し反発しながらも
一緒に逃亡するする息子を描いた作品。

成宮寛貴/成りあがり

(2002年11月23日、フジテレビ)
斉木昌弘 役

2002年11月、TOKIOの松岡昌宏が
矢沢を演じ、フジテレビにて放送されたドラマ。

矢沢の著作『成りあがり』に基づいて構成されており、
出生から武道館での
ライブパフォーマンスまでを描く。

日本で初めて、革ジャンに
リーゼント・サングラスのスタイルでテレビ出演を行い、
全国放送されたエピソードもドラマの中では紹介されている。

妻との出会いは、デモテープを
持ち込んだレコード会社の受付の
女性と出会うといった設定に変更されている。

斉木昌弘役で成宮寛貴はこのドラマに出演している。

成宮寛貴/ごくせんスペシャルさよなら3年D組…ヤンクミ涙の卒業式

(2003年3月26日、日本テレビ)

任侠・大江戸一家の跡取り娘で高校の数学教師、
ヤンクミ(仲間由紀恵)と白金学園3年D組
の問題児たちが熱く無鉄砲に
青春する『ごくせん』のスペシャル版。

トラブルメーカーが揃った
3年D組の問題児たちも、
何とか卒業できるようになった。

卒業まであと10日になり、
無事3年D組の問題児たちが
卒業してくれることを切に願うヤンクミ。

そんなヤンクミの心配をよそに、
3年D組の生徒たちは内緒で
温泉への卒業旅行に出かけるのだったが…。

卒業旅行先で恋に落ち、一騒動あり、
そして進路の問題をめぐって
生徒数人が問題を起こして警察沙汰になってしまう。

問題を起こした生徒に
卒業式の参加禁止が通達され、ヤンクミは?

野田 猛役で成宮寛貴が出演。

成宮寛貴/高校教師

(2003年1月10日 – 3月21日、TBS)
上谷悠次 役

1993年、教師と生徒の恋愛・同性愛・強姦・近親相姦など
「タブー」とされていたテーマで社会現象になった「高校教師」。

前作から10年の時を経て
「野島伸司が新たな
「禁断の愛」の世界を描き、新たなキャストで復活。

女子高生町田雛(上戸彩)は、
遊びなれた親友の紅子(ソニン)と繁華街に繰り出した。

ささいなことで紅子とけんか別れした雛が、
何気なく入ったゲームセンターで
数学教師・湖賀郁巳(藤木直人)と出会う。

その夜は彼の部屋で一晩を過ごす雛だったが…。

共演は、前作に引き続き藤村先生役の
京本政樹をはじめ、ソニン、成宮寛貴、
眞鍋かをり、蒼井優、眞野あずさなど
豪華なメンバーが脇を固める。

刹那的な快楽を追い求め、
紅子を食い物にしているホストの
上谷 悠次を、成宮寛貴が演じている。

成宮寛貴/Stand Up!!

(2003年7月4日 – 9月12日、TBS)
宇田川隼人 役

戸越公園駅前商店街で生まれ育った、
4人は幼なじみ、ショーちゃん、
( 二宮和也)ケンケン(山下智久)、
ウダやん(成宮寛貴)、コーちゃん(小栗旬)は・・・童貞。

4人は『純潔保存会』を結成するが、
頭の中は実は童貞から卒業することを心から願っていた。

ある日、図書室で女性の下着を発見したショーちゃんは、
同級生の田中(菊田高之)が
彼女とエッチしていたことが判明し、
4人は戸越高校最後の童貞であると発覚。

そして、11年前4人のマドンナであった
千絵(鈴木杏)が、
すっかり地味になって彼らの前に姿を現わす。

『純潔保存会』の4人の
ひと夏を描いた青春エロコメディー。

戸越のエロ王子、
ウダやんを成宮寛貴が演じている。

成宮寛貴/68FILMS 美少年Hi! 第9話「恋する梅干し」

(2003年8月16日、BS-i / BSフジ)
主演

どこか田舎の港町で、
恋する高校生のお昼どき・・・本当にありそうな物語。

テーマは好きな娘の縦笛を
舐めちゃった的な『青春の淡い恋』。

「恋する梅干し」は、若き日の想い出に浸るも良し、
将来に夢を託すも良し、今の自分に重ねるも良し、
梅干しのような甘酸っぱ~い恋を描いた青春ムービー。

恋する男の子の
微妙な心の動きを演じるのは成宮寛貴。

ヒロインの女子高生役は、
全国2500人の中から
選ばれたラッキーガール、
筑後弁が初々しい、堤なぎさ。

主演の二人の瑞々しい演技に注目。

「ロボコン」の古厩智之監督の
9分30秒のショートフィルム。

成宮寛貴/ニコニコ日記

(2003年9月26・27日、NHK)
青年 役

『ニコニコ日記』は、
小沢真理の漫画を原作としたテレビドラマ。

売れない独身シナリオライター
小鳥遊ケイ(木村佳乃)のマンションに、
訪ねてきた少女ニコ(永井杏)。

実はニコは、
かつてケイが付き人をしていた
女優紫野美冬(大塚寧々)の隠し子だった。

美冬からニコを預かるはめになり、
面倒を見ることになったケイだったが、
心を閉ざしていたニコと
交換日記をすることで、次第に心を通わせていく。

実の母の美冬との暮らしに
孤独を感じているニコの境遇を知ったケイは、
美冬の同意を得て、ニコと共に暮らし始める。

やがて、ケイは仕事で再会した
高梨晃太郎(沢村一樹 )と恋に落ちプロポーズされる。

しかし、
ニコを中心に考えるケイに、
晃太郎は別れを告げられる。

中学生になったニコは演劇部に入部し、
自分が女優の子だと実感した。

ニコは、ケイに接近してきた若者・森村(鳥羽潤)が、
実は美冬のスキャンダルを
暴こうとする記者だと気づき、
晃太郎に相談し、記事は未然に防がれる。

が、やがてニコが美冬と親子であることが公に。

成宮寛貴はマジックバルーンの
大道芸人役で出演している。

成宮寛貴/TRICK3

(2003年10月16日 – 12月18日、テレビ朝日)

「エピソード5 |念で物を生み出す女」
岸本誠一 役

自称天才マジシャン・山田奈緒子と、
日本科学技術大学物理学教授
・上田次郎の凸凹コンビが、
不可思議な現象の裏に隠された
トリックをまるっと解決していくミステリードラマ。

御獅舞村の占い師、長谷千賀子(大谷直子)は
占い師として村で崇められていたが、
学者にインチキだと言われたことから、
村から去ることになった。

十数年後、村に再び戻ってきた長谷千賀子は、
占いの力を強化したと言い村に居座る。

村の権力者である金井源三(ガッツ石松)は
息子の省吾(久保田篤)に命じ
千賀子を追い出そうとしたが、
息子が行方不明になってしまう。

そして、それを聞いた、
中学校教師の(デビット伊東)が、
上田のもとに相談に訪れる。

上田(阿部寛)は奈緒子(仲間由紀恵)を誘い、
長谷千賀子と対決することになる。

しかし、実はある人物達が
この事件とは別に奈緒子を狙っていた。

成宮寛貴は金井家召使いの
岸本 誠一を演じている。

成宮寛貴/ほんとにあった怖い話「さがしもの」

(2004年1月17日、フジテレビ)
孝治 役

サークルの合宿先にいた孝治(成宮寛貴)と
洋一(平田竜也)は、
深夜車で買い出しに出かけていた。

暗闇で自販機のそばにしゃがみこんでいる若い女性は、
何かを必死に探しているようだった。

「一緒に探しましょうか?』と女性に声を掛ける孝治たち。
しかし、その女性がゆっくりと振り向いた途端、
車のアクセルを思い切り踏み込み、
全速力で車を飛ばす孝治。

果たして孝治が見たものはいったい?

成宮寛貴/乱歩R 第3話

(2004年1月26日、日本テレビ)
伊志田優二 役

毎回一話完結で構成され、
一話ごとにヒロインが
ゲスト出演するミステリー・ドラマ「乱歩R」。

このドラマが縁で、
藤井隆が第1話ゲストの乙葉と結婚している。

江戸川乱歩の名作を現代風にアレンジした
一話完結型の推理ドラマで、
犯人のほとんどが終盤で自害を遂げたり、
死に役をやらなかった役者が死に役を演じている。

現代の平成日本では、
明智小五郎の名は彼の元部下にして
娘婿の「二代目明智小五郎」に受け継がれ、
そのまた息子にして初代の孫である
「三代目明智小五郎」へと受け継がれていた・・・。

しかし、
実は三代目小五郎(藤井隆)はまだ若手の探偵で、
かつて初代の助手を務めた元少年探偵の
小林老人(大滝秀治)、そして同じく初代の元部下にして、
「明智小五郎探偵事務所」の現所長の
雷道(岸部一徳)をはじめとする人々と共に、
様々な怪事件へと立ち向かってゆくのだった。

成宮寛貴は第3話
「仲間由紀恵恐怖の一家惨殺予告」の
伊志田優二役で出演している。

成宮寛貴/オレンジデイズ

(2004年4月11日 – 6月20日、TBS)
相田翔平 役

就職活動に苦戦中の櫂(妻夫木聡)は、
就職する気のない翔平(成宮寛貴)や、
一足先に内定をもらっている
啓太(瑛太)らと最後のキャンパスライフを送っていた。

ある日、構内でバイオリンを弾く沙絵(柴咲コウ)に
一目惚れした啓太は、翔平に頼んでデートを
セッティングしてもらうが、
沙絵が聾唖者だと知らされて逃げ出してしまう。

仕方なくその代役として沙絵とデートする、櫂。

その後、櫂(妻夫木聡)の恋人
・真帆(小西真奈美)は、社会福祉心理学科の
堺田教授(小日向文世)から、
耳の不自由な沙絵(柴咲コウ)の
サポートをするように頼まれるが、
障害者でとして接する真帆の態度が、
沙絵には気にくわない。

沙絵の態度に困った真帆と堺田教授は、
沙絵の気持ちをほぐすために
協力して欲しいと櫂に頼む。

実は沙絵は名の知れたバイオリニストで、
留学先で病気により
聴覚を失ったことを聞くのだった。

人生の岐路に立つ5人の大学4年生たちが
織りなす甘くせつないオレンジな日々を
つづった北川悦吏子脚本の青春グラフィティ。

妻夫木聡、柴咲コウ、成宮寛貴、
白石美帆、瑛太、小西真奈美、
山田優、上野樹里ほか、豪華キャストが共演している。

成宮寛貴/Mの悲劇

(2005年1月16日 – 3月20日、TBS)
下柳晃一 役

幼い頃、泥棒と出くわした経験から
安全オタクになった、安藤衛(稲垣吾郎)。

優れた危機回避能力を認められた衛は、
警備保障会社で働き、若くして昇進。

会社の創業メンバーの
娘の有紀(岡本綾)との婚約も間近に控え、
まさに幸せの絶頂にいた。

しかし、大事な商談の場に向かう電車の中で、
自分に深い恨みを持つと言う喪服姿の女、
相原美沙(長谷川京子)と出会う。

順調だったはずの衛の人生は、
その時から音を立てて崩れ出すのだった…。

成宮寛貴は
JTS本社ビルの受付警備員で有紀の元カレで、
衛が巻き込まれた事件の鍵を握る、
下柳晃一を演じている。

成宮寛貴/いま、会いにゆきます

(2005年7月3日 – 9月18日、TBS)
秋穂巧 役

市川拓司原作の人気小説
「いま、会いにゆきます」をドラマ化。

妻・澪(ミムラ)を亡くした
秋穂巧(成宮寛貴)とその息子・佑司(武井証)の
親子に訪れた、6週間の奇跡。

映画版にはなかった母子3世代のエピソードと、
澪・巧・佑司を取り巻く人々との交流、
心のふれあいを描く。

1年前に妻・澪(ミムラ)を病気で亡くしていた、
秋穂巧(成宮寛貴)と、
息子の佑司(武井証)のよりどころは、
澪の手作りの絵本。

「ママは死んでアーカイブ星に行っているけれど、
1年後の雨の季節に戻ってくる」と絵本には書かれていた。

梅雨の季節を迎え、巧と佑司は、
絵本に描かれていた
森を訪れた2人の前に現れた澪。

突然の奇跡に喜ぶ息子の佑司と裏腹に、
巧は戸惑いを隠せなかった。

澪は記憶喪失となり、
過去の記憶をすべて失っていて・・・。

岡本綾、MEGUMI、中井美穂、
生瀬勝久、谷 啓、三田佳子が共演している。

成宮寛貴/あいのうた

(2005年10月12日 – 12月14日、日本テレビ)
柳沼佑介 役

度重なる不幸で、
もうこの世の中から消えてなくなりたいと
川に飛び込んだ洋子(菅野美穂)だったが、
とっさに泳いでしまう。

結局死にきれず、
ずぶ濡れのままで居酒屋に
立ち寄った洋子は、気を失ってしまう。

偶然、そこに居合わせた
警察官の片岡(玉置浩二)が病院に運ぶ。

片岡から名前を尋ねられた洋子は、
とっさに記憶を無くしたように装う。

3年前に妻と死別し、
3人の子供たちと暮らす片岡は、
洋子を自分の家に連れて帰る。

今までの人生と決別し、
片岡親子と成り行きで擬似家族を演じていく中で、
次第に片岡とそのこどもたちと心を通わせていく洋子。

愛することも、愛されることも知らなかった、
「性格ブス」で孤独だったヒロインが、
嘘から始まる共同生活の中で生まれる、
優しく切ない大人のラブストーリー。

成宮寛貴は
柳沼 佑介役で出演している。

成宮寛貴/大河ドラマ 功名が辻

(2006年、NHK)
豊臣秀次 役

原作は司馬遼太郎が
1960年代初頭に執筆した
小説「功名が辻」で、6作目の大河ドラマ化。

たった五十石から
土佐二十万石の城主にまで
駆け上った戦国武将、山内一豊(上川隆也)。

そして、一豊を知恵と機転で
支えた賢妻の誉れ高い千代(仲間由紀恵)。

一豊と千代の2人の夫婦愛を軸に、
男たちが命を賭けた合戦、
政略結婚の犠牲となった女たち、
上意下達の中で生きる武士の悲哀などを描いた、
戦国乱世を舞台に愛と功名の歴史ドラマ。

舘ひろし、柄本明、西田敏行、武田鉄矢、
前田吟、大地真央、和久井映見、
玉木宏など名優の共演もみどころ。

成宮寛貴は秀吉の甥、
豊臣秀次を演じている。

成宮寛貴/西遊記 第六巻

(2006年2月13日、フジテレビ)
修周 / 鶏肖魔人 役

三蔵法師(深津絵里)に
沙悟浄(内村光良)は、
旅を続けるために精をつけるため鶏を勧める。

しかし、
三蔵は仏に仕える身だと首をふる。

その頃、孫悟空(香取慎吾)と
猪八戒(伊藤淳史)は
三蔵に隠れて鶏を食おうと苦戦中。

得物を追いかける悟空と八戒は、
過って寺の観音像を殴り、
その腕を全て落としてしまう。

壊れた観音像を隠そうとするところを
悟浄に見つかってしまい、
困った悟空と八戒は、
悟浄を袋に詰めて、
怪しげな森に投げ捨ててしまった。

凛凛(水川あさみ)が伴ってきた
修周(成宮寛貴)が、
裏の森は人を食らう森だと話す。

慌てて悟浄の姿を森へと
捜しに行く一行だったが、
その姿は無かった。

悟空と八戒は、三蔵、
修周と森へと分け入っていくことに。

成宮寛貴/生きててもいい…? ~ひまわりの咲く家~

(2006年3月3日、フジテレビ)
菅原晴一郎 役

親の虐待や離婚、失業などで
親と一緒に暮らせない
子どもたちを家庭に迎える里親制度。

血のつながらない父と母と育ち、
現在、メークアーティストとして
活躍する女性の実話をもとにしたドラマ。

母と生き別れた
真希(山内菜々)は施設に預けら、父も他界。

8歳の時、里親の千佳子(松下由樹)と
隆之(笑福亭鶴瓶)の元へ迎えられた。

中学生の時、
化粧や帰宅時間を巡って真希と千佳子は対立。

日記を読まれた怒りから
包丁を手にし再び施設に入った
真希を裁判をしてまで
取り戻そうとする里親と、
居場所を求めて苦しむ真希。

里親と子の心の溝を真希の視線で描く。

真希の10代の頃を福田沙紀、
20代の頃を広末涼子が演じている。

成宮寛貴は
菅原晴一郎役で出演している。

成宮寛貴/スイッチを押すとき

(2006年7月20日 – 9月22日、毎日放送 / Gyao)
南洋平 役

『スイッチを押すとき』は、
「リアル鬼ごっこ」の山田悠介の小説が原作のドラマ。

政府による実験台にされ、心臓を止める装置を埋め込まれ、
自らの命を絶つ【赤いスイッチ】を委ねられた4人の少年少女、
新庄亮太(川本貴則)、小暮君明(若葉竜也)、
池田了(原田琢磨)、高宮真沙美(木南晴夏)。

極限状態で軟禁され、
孤独に耐えきれず次々と命を絶つはずが、
この4人は“7年間も
スイッチを押さないまま”という異例の子供だったのだ。

4人の子どもたちが収容された、
青少年自殺抑制プロジェクトセンターで、
監視員として勤務する南洋平(成宮寛貴)は、
彼らの「生きたい」理由を聞き、脱出をはかる。

しかし、そこには
非情な運命が待ち受けていた。

成宮寛貴/華麗なる一族

(2007年1月14日 – 3月18日、TBS)
一之瀬四々彦 役

山崎豊子による小説『華麗なる一族』が
原作の木村拓哉(SMAP)主演の愛憎ドラマ。

毎回20%を超える高視聴率を誇り、
最終回では最高視聴率39.8%を獲得した人気ドラマ。

舞台となった万俵家のセットは、
屋敷の絨毯など細部に至るまで
最高級品を用い、
嘘偽りなく“華麗”な世界が演出された。

生き馬の目を抜く金融社会で、
父との葛藤に悩みながらも
力強く生きる万俵家の長男鉄平役を、
木村拓哉が、鉄平の実父でカリスマ的な
頭取の大介を北大路欣也が
貫禄たっぷりに演じている。

また、長谷川京子、鈴木京香らによる、
女性同士の駆け引きや
心の揺れもきめ細かく描かれている。

成宮寛貴は鉄平を慕っている
阪神特殊製鋼社員の
一之瀬 四々彦を演じている。

成宮寛貴/悪魔が来りて笛を吹く

(2007年1月5日、フジテレビ)
三島東太郎 役

「父はこれ以上の屈辱に耐えていくことができない。ああ、悪魔が来りて笛を吹く」
謎の遺書を残して
ある日突然失踪した椿英輔子爵(榎木孝明)。

その後、椿邸では、
悪魔の吹くフルートの音とともに、
次々と殺人事件が起こる・・・。

横溝正史の
最高傑作「悪魔が来りて笛を吹く」をドラマ化。

悪魔の吹くフルートの音とともに起こる連続殺人、
その裏にかくされた人間の愛と憎しみ、
と幻想的な殺しの美学が展開するストーリー。

もつれた謎の解明に
立ち向かう名探偵・金田一耕助には、稲垣吾郎。

さらに、小日向文世、国仲涼子、
榎木孝明、秋吉久美子、浜丘麻矢、
伊武雅刀ら豪華俳優陣が脇を固める。

成宮寛貴は三島東太郎役で出演。

成宮寛貴/テレサ・テン物語~私の家は山の向こう

(2007年6月2日、テレビ朝日)
ジム 役

作曲家の三木たかし氏を
偲んで作られた追悼特別番組。

有田芳生の
『私の家は山の向こう~テレサ・テン十年目の真実』を
原作としたテレビ朝日系列で放送されたスペシャルドラマ。

「時の流れに身をまかせ」
「つぐない」「別れの予感」など、
数々のヒット曲で知られ、
死後10数年経た今もカラオケの
人気ナンバーとし人々に愛され、
歌い続けられている、
テレサ・テンの生涯と死の謎に迫る。

その生涯の栄光とその裏での苦悩とは?

木村佳乃がテレサ・テンを演じ、
成宮寛貴はテレサの弟のジム・テンを演じている。

成宮寛貴/スシ王子!

(2007年7月27日 – 9月14日、テレビ朝日)
一柳洋 役

かつて「スシ王子」として
名を馳せたが父と祖父の死が
きっかけで寿司の世界を去った、米寿司(堂本光一)。

沖縄・宮古島で自然流琉球唐手を学ぶ男米寿司が、
自然流の奥義を学ぶため寿司の世界に舞い戻り、
旅の途中で出会う刺客たちと
寿司勝負を繰り広げるアクションコメディー。

最終話では、実の弟・洋(成宮寛貴)との対決の中で、
洋と共に母サヨリ(柏木由紀子、重泉充香)のために
思い出の稲荷寿司を作り、
洋と「銀座一柳」一門と和解。

その後更なる修行のために屋台寿司を開くが、
師匠のリリー(平良とみ)にシャリの
極意を極めるためにニューヨークで
修行することを言い渡され、「八十八」へ向かう。

成宮寛貴は司の生き別れの弟、
暗流群狼握りが
得意技の「スシウルフ」一柳洋を演じている。

成宮寛貴/はだしのゲン

(2007年8月10・11日、フジテレビ)
吉田政二 役

黒い雨が降り、
焼け野原と化した街で産気づく、
君江(石田ゆり子)。

元(小林廉)が懸命に手助けをして、
君江は女の子を出産する。

生まれた幼い命を守り、
君江と元は、強く生き抜くことを心に決める。

なにもかもが燃えてなくなってしまった街には、
食べられるものなど何もなかったが、
このままでは自分も赤ん坊も死んでしまう。

食料を探しに
なんとか山の向こうの村にたどり着いた元。

村のある家を訪ねた元は、
得意の浪曲を披露し、米を分けてもらうが、
帰り道、原爆孤児たちに襲われ…。

そんな元に、
仕事をしないかと声をかけてくる男(佐藤B作)がいた。

大金を支払うという男の仕事のは、
原爆で全身に火傷を負った、
男の弟・政二(成宮寛貴)の
面倒を元がみるというものだった。

成宮寛貴/スワンの馬鹿! ~こづかい3万円の恋~

(2007年10月16日 – 12月18日、関西テレビ)
川瀬光充 役

川瀬光充(成宮寛貴)は若くして成功した
IT関連会社の社長で、超高級ホテルの
会員制プールで華麗に泳ぎ、
ヒルズ族の仲間たちと常に話すのは
株の話とかなりセレブな生活をしている。

同じホテルのラウンジに、セレブとはまるで縁の無い男、
諏訪野大輔(上川隆也)40歳もいた。

パロット文具の営業2課・課長代理の大輔は
実は850円のブレンドを
おかわりするのにも躊躇する生活。

優雅に見えても、実は水面下では
必死に水かきをしている
白鳥=スワンのような状態だ。

このドラマは、そんな格差の悲哀を共有し
“小遣い3万円”を夢見る男、諏訪野大輔(上川隆也)、
加茂健司(劇団ひとり)と時田秀喜(梶原善)の3人が、
サラリーマンとしての日常にもがき、
勝ち組のIT関連会社若手エリートとぶつかり合い、
そしてマドンナとの恋を夢見て
必死で努力しているさまを描きつつも、
最終的には家族の大切さや
素晴らしさを再認識していくという
ハートウォーミング・ラブコメディー。

スポンサーリンク

成宮寛貴/ハチミツとクローバー

(2008年1月8日 – 3月18日、フジテレビ)
森田忍 役

建築科の竹本祐太(生田斗真)は、
しゃがみ込んで水面に漂う桜の
花びらを見つめていた花本はぐみ(成海璃子)に、
一瞬にして心を奪われてしまう。

しかし、
普段からよくつるんでいる仲間で大学一の変人、
森田忍(成宮寛貴)と、
建築科の真山巧(向井理)がやってきて、
無理矢理竹本を連れ去るのだった。

森田たちの狙いは、山岳部名物の”山岳カレー”。
竹本たちがカレーを食べようとした時、
突然、陶芸科の山田あゆみ(原田夏希)が現れ、
3人を怒鳴りつける。森田が持っていた皿は、
あゆみの作品だったのだ。
 
浜田山美大の校内展で
はぐみの作品がグランプリをとった。

作品を見た森田は、はぐみを見つけるなり、抱きしめる。
「人の絵を見て心を掴まれたのは久しぶり」だ、
とはぐみに礼を言う森田に、はぐみも、
「ワタシ…森田さんの作品、好きです」と答えた。

それを見ていた竹本は、
胸の痛みを覚えるのだった…。

成宮寛貴/ブラッディ・マンデイ

(2008年10月11日 – 12月20日 / 2010年1月23日 – 3月20日、TBS)

テロリストJ(神崎潤) 役

ブラッディ・マンデイは、
龍門諒原作・恵広史作画の漫画作品、
『BLOODY MONDAY』を原作にしたテレビドラマ。

三浦春馬のドラマ初単独主演作で、
2008年10月~12月に、Season1が放送された。

高木藤丸(三浦春馬)は、
無気力でだらしがない高校生だが、
天才的なハッキング能力を持つ、
カリスマハッカー『ファルコン』。

父・竜之介(田中哲司)が所属する
公安調査庁の一組織『THIRD-i』の仕事を裏で手伝っていた。

一方、極寒の地・ロシアで、
売人から極めて危険なウイルスを手に入れた
謎の女テロリスト・折原マヤ(吉瀬美智子)は日本へ潜入。

そして、
藤丸の通う弥代学院へ
生物教師として赴任して来たのだった。

最凶最悪のウイルステロ「ブラッディ・マンデイ」から
家族・仲間・地球を救うべく、
立ち向かう、天才ハッカー、藤丸。

学校や警察組織、『THIRD-i』にまで
潜入して来るテロ組織のスパイ。

裏切りの連鎖と一緒に確実に進行するテロの脅威に、
果たして藤丸はどう挑むのか?

成宮寛貴は、
テロ組織の参謀「J」こと神崎潤を演じている。

成宮寛貴/イノセント・ラヴ

(2008年10月20日 – 12月22日、フジテレビ)
瀬川昴 役

秋山佳音(堀北真希 )が、13歳の時に両親が殺された。
唯一の肉親、兄の耀司(福士誠治)が
両親殺人容疑で逮捕された事で、
天涯孤独の身になってしまう。

佳音は兄の無実を信じて、
刑務所に面会に訪れては兄を励ますが、
周囲からは犯罪者の
妹と扱われて生活に困窮していた。

佳音は故郷から離れ、横浜に移り住み、
ハウス・クリーニングの仕事を始める。

そして、佳音は、ピアニストの青年・長崎殉也(北川悠仁)と
運命的な出会いを果たすのだった。

婚約者の聖花(内田有紀)が植物状態になっても、
まわりの反対をよそに、3年間、
全ての介護をほぼ殉也が一人で行なっていたのだ。

成宮寛貴は、
殉也に思いを寄せている
ジュエリーデザイナーの
瀬川昴(せがわ すばる)を演じている。

成宮寛貴/誰も守れない

(2009年1月24日、フジテレビ)
中原孝二 役

映画『誰も守ってくれない』と連動したもので、
映画版の4ヶ月前に起こった
事件を描いたテレビドラマ。

ドラマ版は、
「被害者の保護」をテーマに描かれており、
映画版「加害者の保護」とは
別の視点・観点から描かれている。

麻薬の売買の情報提供を受け、
勝浦卓美(佐藤浩市)と
三島省吾(松田龍平)は現場に急行する。

しかし勝浦は犯人の
ナイフを見て動けなくなり、三島に助けられる。

勝浦は3年前に起きた事件の
トラウマからまだ立ち直れずにいた。

そのトラウマが原因で
妻と娘と離れて暮らす勝浦。

見かねた三島は勝浦に、
精神科医の尾上令子(木村佳乃)の
カウンセリングを受けさせる。

傷害事件発生の通報があり、
被害者のいる病院へ向かい、
待機している2人のもとへ現れたのは、精神科医の令子。

被害者は令子の父で
副社長の尾上敬三(山本圭)だった。

家族への脅迫も発覚し、令子の身辺保護が始まるが、
被害者の尾上敬三と令子に、
世間の心無い中傷やデマが流れ始める…。

ある日、
不信に感じた男の尾行をしていた三島は、
何者かに拉致され、行方不明になってしまう。

成宮寛貴は中原孝二を演じている。

成宮寛貴/日香共同制作ドラマ 幸福のスープはいかが?

(2009年3月26・27日、NHK・香港ラジオテレビ)
田尾哲也 役

NHKと香港の公共放送RTHK(香港電台)の
初めての共同制作ドラマ。

田尾哲也(成宮寛貴)は何もかも捨てて、
元彼女の林美蘭(劉心悠 アニー・リウ)の
住む香港へ逃げ込む。

彼女のアパートの一階は、
祖父(午馬 ウー・マー)が営む麺屋だった。

美蘭の祖父は病気で倒れ、
あたたかいスープに魚のつみれが浮かんだ、
魚旦粉の店を美蘭はどうするか迷っていた。

店を立て直したいという
美蘭の純粋な思いに次第に惹かれていく哲也。

しかし、
店からも家からも再開発のために
立ち退く期限が3か月後に迫っている。

美蘭は香港に帰ってきて
ファッション・デザイナーをしていたが、
会社に自分の仕事を認められず苦しんでいた。

魚旦粉を復活させようと誓い合い、
力を合わせるうちに
2人の間に特別な感情が芽生えてくる。

立ち退き期限が迫る中、スープだけが、
どうしても祖父の味が再現できない。

そこで、哲也と美蘭は、
さぬきうどんの達人の哲也の父(塩見三省)のもとに、
スープの秘密を尋ねに向かうのだった。

まったく違った生活文化の二人が
力を合わせて「味」を追求していく姿を、
恋愛模様とともに描いたドラマ。

成宮寛貴/ザ・クイズショウ 第3話

(2009年5月2日、日本テレビ)
宮本健治 役

フリースクール「ネオ・アルカディア」代表の
宮本健治(成宮寛貴)が登場し、
はじまる『ザ・クイズショウ』の生放送。

クイズのルールは、解答者が問題に7問正解した時点で
1000万円を獲得した後、
その1000万円を賭けてドリームチャンスに挑戦できる。

見事クイズにクリア出来れば、自分の夢をひとつだけ実現でき、
クイズの最中、解答者は
『召喚』『以心伝心』『導きの手』という
“奥義”を1つだけ使うことが許されている。

神山(桜井翔)からのおきまりの質問に、
宮本は限度額いっぱいの
1億円の現金が欲しいと答える。

宮本が3問までの問題をクリアする中、
控え室にいた鍵を握る若者、高橋一(金井勇太)が
姿を消したとの連絡がサブに入る。

本間に頼まれ、
渋々、高橋捜しにいく冴島。

宮本が5問目を正解した直後、高杉(松浦亜弥)のレポートにより、
スクールの宿舎からの生中継がスタジオに入ると、
宮本の様子が一変する。

そして、神山の出題するクイズは、
「ネオ・アルカディア」と
宮本の隠された本性を暴いていくのだった。

成宮寛貴/ザ・ライバル「少年サンデー・少年マガジン物語」

(2009年5月5日、NHK)
三条大輔 役

1959年に登場した、
小学館の「少年サンデー」と
講談社の「少年マガジン」。

この2つのライバル同士の戦いを
再現ドラマとドキュメンタリーで描いたドラマ。

それまで月刊だった少年誌の週刊化に当たり、
小学館と講談社は、漫画家の囲い込みを始める。
小学館は手塚治虫とトキワ荘グループの漫画家たちを押さえ、
これが「おそ松くん」や
「オバケのQ太郎」など、
ギャグ路線の成功につながる。

一方、講談社は梶原一騎という逸材を見いだし、
劇画という新しい路線に進んでいく。

「巨人の星」や「あしたのジョー」が登場し、
先行した「サンデー」を追い上げる、「マガジン」。

少年誌のライバル編集者の戦いを通し、
切磋琢磨され新しい文化が
成長していく姿を浮き彫りにする。

成宮寛貴は再現ドラマに出演している
編集者の三条大輔を演じている。

成宮寛貴/都市伝説セピア「フクロウ男」

(2009年7月26日、WOWOW)
佐伯武彦 役

朱川湊人の短編集「都市伝説セピア」に
収録された3つのエピソードをドラマ化。

ホラー&ヒューマンを
テーマにしたwowowオリジナルドラマ。

「世にも奇妙な物語」を最も多く手がけ、
ハリウッドデビューも果たした
落合正幸が脚本・監督を担当している。

最強クリエイターと個性派俳優が競演している、
ドラマW初のオムニバス短編集。

不可思議で奇妙な別世界の物語のようで、
実は、人間の深層心理に潜む
闇を引き出してしまうノスタルジックホラー。
奇怪ながらも目が離せない、
異空間をご堪能下さい。

佐伯武彦(成宮寛貴)は、
冴えない男だったが、
「フクロウ男」という猟奇的な
都市伝説を作ろうと、ネットに噂を書き込む。

狙い通りに噂が一人歩きし始めた頃、
フクロウ男を実在させたい欲望を
抑えきれなくなった佐伯は、ある行動を起こす。

成宮寛貴/戦場のメロディ

(2009年9月12日、フジテレビ)
植木信吉 役

祖国を離れ戦犯としてとらわれていた
日本人108人の命を救ったのは
政治家でも外交官でもなく歌手の渡辺はま子だった。

フィリピンで収容されていた
BC級戦犯を処刑から救うため、
歌で世論を動かし、
さらにはフィリピン大統領の心まで
動かした物語を描いたドラマ。

第1回紅白歌合戦でトリをつとめた渡辺はま子の
代表曲「あゝモンテンルパの夜は更けて」の誕生秘話を、
元兵士らの証言や資料やドラマをまじえて再現する。

また、戦場の歌姫 渡辺はま子を
薬師丸ひろ子、戦犯の処刑に立ち会い続け、
任を解かれてからも仕事を続けた教誨師、
加賀尾秀忍を小日向文世が演じている。

成宮寛貴は、
予算が削減された復員局で孤立しつつも、
フィリピンの戦犯を救うことに尽力した事務官、
植木信吉を演じている。

成宮寛貴/東京DOGS 第1話

(2009年10月19日、フジテレビ)
棚島秀夫 役

警視庁特殊捜査課刑事の
工藤マルオ(水嶋ヒロ)が、
後輩刑事、堀川経一(勝地涼)と麻薬の
取引現場を張り込みしていると、
マフィアをアメリカの刑事が取り囲む。

一網打尽と思われたとき、
車が爆発し、マフィアたちは
散り散りに逃げ出した。

マルオたちの拳銃に対して、
相手はマシンガンで応戦してくる。

その窮地を救ったのが高倉奏(小栗旬)だった。

マフィアが置き去りにした
車の中から松永由岐 (吉高由里子)が見つかった。

奏は麻薬取引指揮の失敗で
作戦から外され、東京に戻っていた。

由岐は、ショックによる記憶喪失に
かかっている様子だったが、
隠された記憶を知りたい奏は、マルオを引き込む。

2人は、マンションの一室に
保護した由岐を監視するのだが、
お堅い奏と、ゆるゆるのマルオの相性は
最悪でことあるごとにぶつかる2人だった。

翌日、奏とマルオは堀川にも手伝わせて、
由岐の外出に付き合うが、
監視されているような気配を感じる。

奏は再び空き家を捜査し、
確保した2人以外にも
3人目の棚島秀夫(成宮寛貴)の存在を突き止める。

成宮寛貴/ニュース速報は流れた

(2009年11月18日 – 2010年4月21日、フジテレビワンツーネクスト)
小林亮平 役

架空のテレビ局TNN(東都テレビ)が舞台。
「室蘭市に核ミサイルが落ちた――」と
小林亮平(成宮寛貴)らが働く報道部にメールが届く。

そして、
800km離れた北海道室蘭市で
発見された死体。
この二つをつなぐ、謎の携帯メール。

スクープ速報、特オチ、誤報、死体、
コンプライアンス、深夜から早朝にかけての
8時間をほぼリアルタイムで追いながら、
報道部で起こる事件とそれを取り巻く人間関係が描かれる。

一瞬たりとも気を抜けない
「24 -TWENTY FOUR-」を
彷彿とさせる緊張感。

成宮寛貴が演じる番組制作班のADや
アナウンサー、編集長らが
壁にぶち当たりながらも謎を解き明かしていく。

「踊る大捜査線」の君塚良一 と
「華麗なるスパイ」の金沢達也が脚本を担当。

成宮寛貴/ヤンキー君とメガネちゃん

(2010年4月23日 – 6月25日、TBS)
品川大地 役

人気マンガ『 ヤンキー君とメガネちゃん 』が
原作のテレビドラマ。
成宮寛貴はこのドラマが初主演。

学校一のワルのヤンキー男子・品川大地(成宮寛貴) が、
同じクラスの学級委員で一見普通の真面目な
メガネ女子に見える 足立花(仲里依紗) に振り回され、
様々な騒動に巻き込まれながらも、
かけがえのない仲間を得て、孤独なヤンキーから、
友情のためには損なケンカも買って出る、
男気溢れる人間に成長していく青春ドラマ。

紋白高校2年A組に進級した
品川大地 (成宮寛貴) は、周囲から
ヤンキー史上最強の不良で伝説のヤンキー
“ハリケーン・アダ” ではないかと噂されている。

皆が怖がり大地を敬遠するため、
学校生活に楽しさを
見出せず孤独でつっぱった日々を送っていた。

しかし大地は、登校中、真面目そうな
三つ編みオサゲのメガネ女子 に遭遇し、
大地にぶつかったせいで足を
挫いたと絡むメガネちゃんに強要され、
大地はメガネちゃんをおぶって学校へ行く。

実は三つ編み・メガネ姿で一見優等生な、
足立花 (仲里依紗)は
最強のヤンキー「ハリケーン・アダ」だった。

ウザがる大地をよそに花は
何かと声をかけてくるようになり…。

成宮寛貴/Wの悲劇

(2010年1月11日、TBS)
和辻卓夫 役

夏樹静子・作家40周年記念サスペンス特別企画として
TBSスペシャルドラマ枠で放送された。

岡田惠和脚本により
現代風のアレンジがされたオリジナル展開で、
菅野美穂が主演。

突然派遣先の会社をクビになってしまった
一条春生 (菅野美穂)。

以前勤めていたキャバクラの
同僚 和辻摩子 (谷村美月) から、
正月に北海道にある和辻家の別荘で
一緒に過ごさないかとの誘いを受ける。

摩子の家族で
日本有数の製薬会社を営む
和辻家の別荘を訪れる、春生。

和辻製薬の社長の与兵衛 (津川雅彦)、
与兵衛の妻みね (池内淳子)、与兵衛の弟、
繁 (江守徹)、与兵衛の甥の卓夫 (成宮寛貴)、
摩子の義父で学者の道彦 (中村橋之助)、
そして、摩子の母の淑枝 (真矢みき) 、
和辻一族ではないが与兵衛の主治医で
謎めいた雰囲気を持つ 鐘平 (香川照之)。

そんな和辻家の面々と早速、
晩餐を共にする春生。

晩餐後、
くつろぐ春生たちの前で、
突然、悲劇が起こった。

なんと与兵衛を
摩子が殺してしまったという。

和辻家の名誉を守るために
摩子を犯罪者として通報する訳にはいかないと皆が一丸となり、
与兵衛の遺体や身の回りに偽装工作を施していく。

成宮寛貴/BUNGO -日本文学シネマ- 高瀬舟

(2010年2月23日、TBS)
喜助 役

森鴎外原作の
「高瀬舟」を日本映画界の将来を担う
若き俳優陣によりドラマ化。

京都の罪人を遠島に送るために
高瀬川を下る舟に、
弟を殺した喜助(成宮寛貴)が乗せられた。

護送役の同心、羽田庄兵衛(杉本哲太)は、
晴れやかな顔をしている喜助の
事を不審に思い、訳を尋ねる。

すると、
喜助は事件の悲しい内幕を語り始めた。

明治の世相を見事にうつしこみ、
安楽死や貧困問題も盛りこみ、
現代でも同調できるテーマを百年以上前に描いた名作。

成宮寛貴/獣医ドリトル

(2010年10月17日 – 12月19日、TBS)
花菱優 役

人気コミック「獣医ドリトル」が原作で
TBS系列の『日曜劇場』枠で
放送されたテレビドラマ。

金に汚い悪徳敏腕獣医と
評判の鳥取健一(通称・ドリトル)が、
病気やケガに遭いながら苦しみを伝えられない
“声なき動物たち”を救うだけでなく、
問題を抱えた飼い主の心までをも
華麗に治療していくさまを描く。

動物たちと向き合う獣医という仕事を通し、
命の大切さを問いながら、
登場人物それぞれが抱えている問題、悩み、
葛藤を浮き彫りにしていくヒューマンドラマ。

主人公・ドリトル役は、
小栗旬、多島あすか役は井上真央。

小栗旬と井上真央は
このドラマで『花より男子』以来の共演になる。

成宮寛貴はドリトルの
心優しきライバル獣医・花菱優役を演じている。

成宮寛貴 /TAROの塔

(2011年2月26日 – 4月2日、NHK)
堀口茂治 役

岡本太郎の象徴的な作品であり、
1970年「大阪万博」のシンボルとなった「太陽の塔」。

その「太陽の塔」が出来るまでを
万博の戦いを軸に、太郎、かの子、一平、
敏子という「岡本家の人びと」の
破天荒な人間模様を通し描いて行く。

大正から昭和、戦争から高度経済成長、
そしてパリと、時空を超え変化していく
ダイナミックな映像をベースに、
伝説の芸術家・岡本太郎の全ぼうを描いたドラマ。

昭和42年、「大阪万博」のプロデューサーに就任した
岡本太郎(松尾スズキ)は
真っ向からテーマに異を唱え、
一大国家イベントと戦う決意を表明した。

それは、太郎を育った
岡本家の反骨精神でもあった。

歌人の母・かの子(寺島しのぶ)、
漫画家の父・一平(田辺誠一)、
養子である秘書・敏子(常盤貴子)の4人が
織り成す破天荒な家族もようを軸に
「太陽の塔」をつくるまでの太郎の戦いを描く。

成宮寛貴は堀口茂治を演じている。

成宮寛貴 /風の少年~尾崎豊 永遠の伝説~

(2011年3月21日、テレビ東京)
尾崎豊 役

「I LOVE YOU」「15の夜」
「十七歳の地図」今明かされる、
尾崎豊の名曲誕生の秘話。

構想期間10年、
緻密な取材に裏付けされた尾崎豊の生き様の物語。

尾崎豊(成宮寛貴)は、
16歳のときに、レコード会社のオーディションで
ディレクターの須藤晃(髙嶋政宏)と出会う。

須藤は最初はあまり気乗りがしなかったが、
レコード会社の専務(田村亮)に
押し付けられ、尾崎の担当となる。

オーディションの合格を喜ぶ
母の絹枝(手塚理美)と応援はしているが、
手放しでは喜ばない厳格な父の
健一(内藤剛志)といったごく一般的な家庭で育った尾崎。

真面目で礼儀正しい反面、
喧嘩して停学になる……
須藤にはなかなか理解できない少年だった。

そんな中、尾崎は
名曲『15の夜』
『十七歳の地図』を創り上げ、須藤を驚かせる。

しかし、10代最後のライブツアーを終えた尾崎は、
20歳になる自分から逃れるかのように
ニューヨークへと旅立つのだった。

成宮寛貴 /最後の晩餐 ~刑事・遠野一行と七人の容疑者~

(2011年5月14日、テレビ朝日)
八木沢鷹彦 役

レオナルド・ダ・ヴィンチ作の絵画
「最後の晩餐」のレプリカが飾られた、
イタリアンレストラン「オステリア・ダ・ヴィンチ」。

開店初日を迎え、
来店する客たちを笑顔で迎える
オーナーシェフの八木沢鷹彦(成宮寛貴)。

しかしその1時間後、悲劇は起こる。
死者2人、重傷者1人、
軽傷者3人を出す、放火殺人事件が起こったのだ。

警視庁捜査一課の遠野一行(佐藤浩市)は
妻・奈津美(斉藤由貴)の3カ月遅れの
誕生祝いの席を抜け、
新人刑事・高村圭太(柄本佑)と、現場へ急行する。

計画的かつ残虐極まりない事件…。

捜査一課はこの事件を起こした
犯人を捕まえるため、本格的に捜査を始める。

遠野は9人以上の客がいたことに気づくが、
現場から6人が姿を消していた。

姿を消していた6人は、
看護師島村ひとみ(安達祐実)、
引きこもりの大学生立松俊太(本郷奏多)、
テレビ局のチーフディレクターの河合弘(石黒賢)、
衆議院議員の横手信吾(中尾彬)、
仮釈放中の懲役囚の三条大作(西田敏行)、
そして激安量販店社長の富永麗子(黒木瞳)。

彼ら6人はなぜ姿を消したのか?
この事件を起こした
犯人の目的は一体何なのか?

成宮寛貴 /陽はまた昇る

(2011年7月21日 – 9月15日、テレビ朝日)
八木沢鷹彦 役

ヒットメーカー井上由美子が脚本を手がける
警視庁警察学校で
繰り広げられる愛と感動のヒューマンドラマ!

「最後の晩餐~刑事・遠野一行と七人の容疑者~」では
鬼刑事遠野一行が、一転、警視庁警察学校の
教官になるよう命じられ、
新任教官としてのスタートを切ることになる。

警視庁警察学校の見学のため新入生たちが集まる中、
この場所に「もうひとりの新人」がいた。

48歳で、警察学校の教官として
新たなスタートを切ることになった
遠野一行(佐藤浩市)だった。

刑事時代、凶悪犯を相手に、
時にはルール無用な手段を駆使し、
ホシを挙げてきた男で、
最も教官にふさわしくない人間なのに、なぜだろう?

遠野は理由が分からないまま、
教官として着任初日を迎えていた。

三浦春馬、池松壮亮、YOU、
六角精児、石野真子、
真矢みき、橋爪 功、斉藤由貴、ARATA他
豪華キャストが出演。

成宮寛貴は前作
最後の晩餐 ~刑事・遠野一行と七人の容疑者~から
引き続き八木沢鷹彦 役
でゲスト出演している。

成宮寛貴 /もう誘拐なんてしない

(2012年1月3日、フジテレビ)
山部勢司 役

ヒーローになる夢を捨てきれないまま
山口から東京に出てきた樽井翔太郎(大野智)は、
20代最後の冬になってもいまだフリーター。

そんな翔太郎が
たこ焼き屋台のバイトに精を出していたところ、
この一帯のテキ屋「花園組」のチンピラ2人組に追われていた
女子大生、絵里香(新垣結衣)を救出する。

だが、絵里香は「花園組」組長・花園周五郎の娘だった。

女子大生・絵里香を匿ったことがきっかけで
翔太郎は花園組を相手に狂言誘拐をおこし、
そして偽札問題や殺人事件と
予期しなかった騒動に巻き込まれていく。

佐藤隆太、貫地谷しほり、要潤、高橋克実、
北大路欣也他豪華な共演陣に加え、
嵐の櫻井翔は『謎解きはディナーのあとで』の
執事・影山役、松本潤は『ラッキーセブン』の探偵
・時多駿太郎役でゲスト出演しているのもみどころ。

成宮寛貴は「花園一家」の
No.3、山部 勢司を演じている。

〜関連記事〜

大野智の出演ドラマ&役柄一覧!全部見てたら本当のファン!

新垣結衣のドラマ一覧!やっぱりガッキーは可愛い!

成宮寛貴 /梅ちゃん先生

(2012年4月2日 – 9月29日、NHK)
吉岡智司 役

【梅ちゃん先生 #2 「あたらしい朝が来た」】

戦争が終わり、
街に明かりがともりはじめ、
新しい時代の始まりを実感する梅子(堀北真希)。

姉の松子(ミムラ)は軍医として戦地に赴いている
婚約者の吉岡智司(成宮寛貴)の帰りを待ちわびていた。

医学生の兄の竹夫(小出恵介)は
勉強に励む日々を送っている。

梅子は、優秀な姉や兄と違う自分は
これから何をしたらよいのか、悩み始める。

【梅ちゃん先生 #5 「あたらしい朝が来た」】

婚約者吉岡智司(成宮寛貴)が戦死したことがわかり、
ショックのあまり高熱を出してしまう松子(ミムラ)。

「負けると分かっていた戦争に、軍医として智司をなぜ行かせたのか」と、
父建造(高橋克実)に詰め寄る、
兄の竹夫(小出恵介)。

そんな折、戦争孤児のヒロシ(細田龍之介)が
靴磨きを始めたことを知った梅子(堀北真希)は、
次第に心を通わせるようになる。

しかし、そんなヒロシにあらぬ疑いがかかり…。

成宮寛貴は、建造の教え子で、
松子の婚約者吉岡智司を演じている。

九州の飛行場近くの病院に軍医として
赴任し復員が決定していた矢先、
空襲に遭い、最後まで患者を守り続け戦死する。

成宮寛貴 /陽だまりの樹

(2012年4月6日 – 6月22日、NHK BSプレミアム)
手塚良庵 役

漫画家・手塚治虫のルーツを描いた
マンガ「陽だまりの樹」が原作のテレビドラマ。

名もなき人々に焦点を当てた、
幕末時代の息吹がひしひしと伝わってくる作品。

開国から戊辰戦争、
そして明治維新と移り変わる激動の時代、
腕は立つが世渡り下手の武士、
伊武谷万二郎(市原隼人)、と
女にだらしないが腕利きの蘭方医、手塚良庵(成宮寛貴)、の
水と油のように性格の違う2人が、
激動の時代を駆け抜け、藤田東湖、福澤諭吉、
西郷隆盛など歴史上の人物たちとの
交流を経て成長していく様を描く物語。

武骨で真面目な武士の鑑、
伊武谷万二郎(市原隼人)は、
入門した道場で、真剣勝負のあげくに負傷する。

嫌がる万二郎の傷口を蘭方医の
手塚良庵(成宮寛貴)が縫い合せるが、
じつは初めての手術だった。

万二郎がひそかに思いを寄せていた
おせき(黒川芽以)に良庵も気があることを知った、
万二郎はおせきの操を守ろうと心に誓う。

痘瘡に苦しむ庶民を救うため、
父・良仙(笹野高史)と共に
種痘を広めようとしていた良庵は、
敵対する漢方医たちが
差し向けた刺客に命を狙われていた。

刺客に襲われそうになった良庵を、
万二郎が助けたことで2人の間に友情が芽生えていく。

成宮寛貴は、手塚治虫の
曽祖父に当たる蘭方医、手塚良庵 役を演じている。

成宮寛貴 /一休さん

(2012年6月30日、フジテレビ)
蜷川新右衛門 役

鈴木福での初の主演作ドラマ。
当時、鈴木は8歳であり、
1985年に放送された『一休さん』の
主演富田靖子(当時16歳)を
下回る最年少での出演となった。

かつてテレビ朝日系列で放送されていた
アニメ『一休さん』で一休を演じた
藤田淑子が、ナレーターを担当している。

三代将軍、足利義満(東山紀之)は、
家臣の蜷川新右衛門(成宮寛貴)に、
この世で一番知恵のある者が誰かを尋ねると
新右衛門と家臣たちは口をそろえ「一休殿」と言った。
一休(鈴木福)を連れてくるよう
新右衛門に命じる、義満。

その頃、さよ(小林星蘭ちゃん)から
呼ばれて橋のたもとに向かった一休(福君)は、
あこぎな商売人桔梗屋(平泉成)・弥生(未来穂香)の
仕業によって橋を渡れず困り果てた
庶民たちと桔梗屋のもめ事を解決すべくとんちを始める。

成宮寛貴 /一休さん2

(2013年5月5日、フジテレビ)

一休(鈴木福)と小坊主たちのもとに、
慌てた様子で
蜷川新右衛門(成宮寛貴)が駆け込んで来た。

将軍、足利義満(東山紀之)が
親戚の若君の小太郎(秋間将汰)の
相手をして欲しいと一休を呼び出しているというのだ。

御所に着いた一休は
待っていた小太郎と、とんち対決を開始。

一休のとんちの答えがわからない小太郎は
「答えとうない!」と、
とんち対決を投げ出しその場を離れてしまう。

小太郎のわがままにあきれる小坊主たち。

突然、叫び声をあげる小太郎。

大事にしていた
オウムが鳥かごからいなくなっていたのだ。

小太郎は、
さよ(小林星蘭)を疑い、詰め寄るが・・・。

成宮寛貴 /相棒 season11 第1話 – season13 最終話

(2012年10月10日 – 2015年3月18日、テレビ朝日)
甲斐享 役

成宮寛貴は3代目相棒、「カイトくん」こと
甲斐享役としてseason11よりが起用された。

所轄署から右京に引き抜かれる形で
特命係へ赴任した甲斐享は、season11 第1話「聖域」
(2012年10月放送)からseason13
最終話「ダークナイト」(2015年3月放送)まで
右京の3代目相棒を務めた。

享が特命係を去る
衝撃のラストシーンに、ファンは賛否両論だった。

成宮寛貴 /相棒season11 第1話「聖域」

甲斐享(成宮寛貴)は、一発の銃声でベッドから跳ね起き、
悪夢のような現実を思い出していた。

昨夜、享は香港の日本総領事
小日向(団時朗)の妻、詠美(賀来千香子)の招きで
総領事公邸での晩餐会に出席した。

先輩で警備対策官の根津(山田純大)が
享が警察庁次長・甲斐峯秋(石坂浩二)の
息子であることをバラしてしまい、食事に招かれてしまったのだ。

不仲の父の威光を嫌悪する享にとって、
避けたかったが、根津の顔をつぶすわけにもいかず、
小日向総領事夫妻、
三井副領事(小林正寛)夫妻らと過ごしていたのだった。

そして、小日向のコレクションルームから
一発の銃声が鳴り響き、
三井の妻・絵里花(山崎未花)が
胸を鮮血に染めて倒れていた。

絵里花のそばには
拳銃を持った詠美が立ちすくんでいた。

杉下右京(水谷豊)は
ロンドンからの帰りに香港に立ち寄り、
ひょんなことから享と出会う。

果たして右京は
領事公邸の暴発事件にどう挑むのか?

賀来千香子、山田純大、
団時朗、小林正寛がゲスト出演している。

成宮寛貴 /相棒season13 最終話「ダークナイト」

ついに甲斐享、最終章。

犯罪者だけを狙った連続暴行事件が発生し、
犯人は、「ダークナイト」と呼ばれる
警察の手が及ばない隠れた
悪党に制裁を加える人物が浮上した。

「ダークナイト」は、ここ2年間で、
制裁目的と思われる同様の事件を5件起こしており、
世間の注目を集めていた。

右京(水谷豊)も、
ダークナイトの目指すものに
興味をひかれている様子で、独自に捜査をしていた。

そんなとき、政務活動費の
不正流用疑惑が持ち上がった都議会議員が暴行される。

犯人はダークナイトと思われたが、
被害者が死亡してしまう。

享(成宮寛貴)は模倣犯を疑うが、
被害者がこれまでの人物像とは違うことと、
犯行が殺人にまで
エスカレートしていることに違和感を覚える右京。

「ダークナイト」とは正義か?悪か?
右京と享の相棒コンビの最後の事件!
シリーズ始まって以来の
衝撃的な結末をあなたは目撃する!

鈴木裕樹、瀧川英次がゲストで出演している。

成宮寛貴 /クロユリ団地~序章~ 第7話

(2013年5月21日、TBS) – 笹原忍 役

『リング』を大ヒットさせ、ハリウッド進出を果たした
鬼才中田秀夫の監督作、
映画『クロユリ団地』の公開に先駆けて
放送されたスピンオフの連続ドラマ。

 ドラマの舞台は映画設定以前の
「黒百合団地」をフィーチャーし、
団地で起こる恐怖がオリジナルドラマとして展開されていく。

黒百合団地に、
越してきた夫婦、一哉と小夜里。

妻の小夜里(須藤温子)は妊娠を、
夫の一哉(中村倫也)に告げる事ができずにいた。

一哉もまた、妻に言えない秘密を持っていたので、
だんだん二人の関係はぎこちなくなっていた。

遺品整理を行っている特殊清掃員(成宮寛貴)に
「ここは(不審死が)多いから関わらないほうがいい」と言われたり、
向いの部屋の飯田(弓恵子)に
「早くここを出たほうがいい」と警告され、
徐々に不安を募らせていく小夜里。

ある日の夕方、
公園で一人遊ぶ少年ミノル(田中奏生)と出会う小夜里。
小夜里はミノルが去った直後、激しい腹痛に襲われ・・・。

成宮寛貴 /金田一少年の事件簿 獄門塾殺人事件

(2014年1月4日、日本テレビ)
高遠遥一 役

アジアトップアイドルが再び集結&夢の
豪華競演を果たした『金田一少年の事件簿』。

今回は金田一少年の永遠のライバル
・高遠遙一が遂に登場する。

進級スレスレのはじめは、美雪(川口春奈 )達に連れられ、
スパルタで有名な「獄門予備校」の門をくぐる。

はじめ(山田涼介)は、
そこで不可解な怪死事件に遭遇するが、
それは天才犯罪プロデューサー
高遠遙一(成宮寛貴)からはじめへの挑戦状だった。

九龍財宝事件を一緒に解決した
リー・バイロン刑事(ウー・ズン)と
再会したはじめは、一緒に高遠を追う。

高遠の企みを暴くために、
マレーシアでの合宿授業に参加した
はじめだったが、生徒たちが次々と消えてゆく。

はじめは、
地獄の傀儡師高遠の
奇想天外のトリックと
連続殺人事件の謎を解き明かせるのか?

成宮寛貴 /金田一少年の事件簿N 第5・6・8・9話

(2014年8月16・23日・9月13日・20日、日本テレビ)

【#5 金田一少年の決死行】

オーナー誘拐事件の犯人から指示があり、
剣持警部(山口智充)と畠山(宮下純一)が
身代金を持って指定の場所へ向かうと、
胸を刺されて絶命した藤井文香(伊藤裕子)を発見する。

そして、
文香の遺体のかたわらには、
なんとはじめが包丁を持って立っていた。

殺人事件とホテルオーナー誘拐事件の
容疑をかけられホテルを脱走する、はじめ。

実は、この事件の背後には、
天才犯罪プロデューサーの
高遠遙一(成宮寛貴)が関係していた。

【#6 金田一少年の決死行 完結編】

12年前に洞窟に閉じ込められた
狩谷(半海一晃)の子供が外に抜け出し、
“巌窟王”として神山(林泰文)、
文香(伊藤裕子)、
四之宮(駿河太郎)を殺したと松岡(KREVA)はいう。

剣持警部(山口智充)を殺害した容疑で
警察に指名手配されているはじめ(山田涼介)は、
ホテルの子供コンシェルジュ・龍(髙橋楓翔)の
手助けで逃亡を続けていた。

復讐に燃える犯人の
“巌窟王”とは一体誰なのか?

そして、“巌窟王”を操る
高遠遙一(成宮寛貴)とはじめの対決の行方は?

【#8薔薇十字館殺人事件】

謎の人物「ローゼンクロイツ」から
青薔薇の完成披露会への招待を受けた、
天才犯罪プロデューサー・高遠遙一(成宮寛貴)は、
はじめ(山田涼介)にある協力を依頼する。

招待客の中にいる高遠のきょうだいを突き止め、
その人物の命を守って欲しいというのだ。

永遠のライバル、はじめと高遠は手を組むが、
薔薇十字館で、幻の青い薔薇を
めぐって殺人事件が発生する。

【#9 薔薇十字館殺人事件 完結編】

天才犯罪プロデューサー・高遠遙一(成宮寛貴)から
依頼を受けた金田一はじめ(山田涼介)は
、謎の人物・ローゼンクロイツが開く
幻の青薔薇の完成披露会に出席していた。

薔薇十字館では、招待客6人のうちの
祭沢一心(中村靖日)と
禅田みるく(久世星佳)が殺害された。

疑いを掛けられた高遠は犯行を否認し、
ローゼンクロイツに
罪を告白させて殺すと言い出すのだった。

謎の人物
「ローゼンクロイツ」とはいったい誰なのか?

成宮寛貴 /ふたがしら

(2015年6月13日 – 7月11日、WOWOW)
甚三郎 役

オノ・ナツメの
マンガ「ふたがしら」が原作のテレビドラマ。

八王子の飛脚問屋で働く、
豪快な性格の弁蔵(松山ケンイチ)と
クールな色男・宗次(早乙女太一)の
裏の顔は”赤目”を名乗る盗賊。

「脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく」のが赤目の仕事という、
カシラの辰五郎(國村隼)を敬愛する2人は、
仲間とともに悪人の
屋敷に忍び込み仕事に精を出していた。

しかし、
辰五郎は「一味のこと、まかせた」と言って
2人の手を取り、息を引き取ってしまう。

おこん(菜々緒)が預かっていた遺言状には、
辰五郎の弟分の
甚三郎(成宮寛貴)に
跡目を継がせると記されていた。

納得のいかない弁蔵と宗次は、
赤目一味とたもとを分かち、旅立つ決意をする。

田口浩正、芦名星、村上淳、山本浩司、
橋本じゅん、品川徹、國村隼など豪華キャストが集結した。

成宮寛貴は、
赤目の頭を継ぐ冷血な甚三郎役を演じている。

成宮寛貴 /花咲舞が黙ってない 第2シリーズ

(2015年7月15日 – 9月16日、日本テレビ)
松木啓介 役

池井戸潤原作の、
「あきらめないヒロイン」花咲 舞と
「あきらめたオジサン」相馬 健の
凸凹コンビのメガバンク・東京第一銀行での
活躍を描いたドラマ『花咲舞が黙ってない』が再始動!

二人が追うのは、
現金紛失、横領、情報漏洩、粉飾決算、
計画倒産など全国の支店で起きる事件や
不祥事の数々と、宿敵・真藤常務の頭取争い。

たった二人の、
地位も権力もない「臨店班」が、
「間違っている」と言えずに
苦しんでいる人たちのために立ち上がり、
事件をスッキリ解決!

舞(杏)と相馬(上川隆也)は、
真藤(生瀬勝久)派閥の中北(金田明夫)支店長の
五反田支店の臨店に訪れる。

そこで、かつて相馬の部下の松木(成宮寛貴)に出会う。
どこか浮かない松木が気になり尋ねると、
松木は、担当しているスーパー『あづみ屋ストア』への
融資1億円を、急に回収しろと指示され、悩んでいるという。

成宮寛貴 /37.5℃の涙

(2015年7月9日 – 9月17日、TBS)
朝比奈元春 役

杉崎桃子(蓮佛美沙子)は
元・保育園の先生だったが、
笑顔の苦手で保護者との
コミュニケーションがとれずに
1年で契約を打ち切られていた。

そんな桃子が拾われたのは、
訪問型病児保育の「リトルスノー」。

『37.5℃』は保育園から
「お迎えコール」のボーダーライン。

お子供の体温がこのボーダーラインを越えると、
仕事中でも子供を迎えに行かなくてはならない。
そんな親たちを救うべく
病児保育士たちは奔走する。

不器用な桃子の成長を暖かく見守りながら支える
上司・朝比奈元春(成宮寛貴)と、
シングルファーザーの篠原健介(速水もこみち)の
恋の三角関係もみどころ。

また、藤木直人、水野美紀、トリンドル玲奈、
鈴木梨央、水上剣星、滝沢沙織、
西村和彦、浅野温子など豪華キャストが脇を固める。

成宮寛貴 /妻と飛んだ特攻兵

(2015年8月16日、テレビ朝日)
山内節夫 役

最後の特攻機には、
女性が乗っていた・・・なぜ夫は、妻を乗せたのか?

70年の時を経て明らかになる、
究極の夫婦愛を描く。

山内房子(堀北真希)は
関東軍少尉の夫の節夫(成宮寛貴)が
待つ満州へと向かっていた。

昭和20年、
日本の植民地だった満州には
20万人の日本人が開拓団としていた。

藤田秀雄(國村隼)の一家も
荒れ地を懸命に開墾していたが、
北からはソ連がその満州を虎視眈々と狙っていた。

満州・大虎山で無事に夫と
再会した房子を節夫もいたわるが、
やがて特攻する少年兵たちの教官の
自分が妻を呼び寄せて
良かったのかと複雑な思いだった。

夜には房子の歓迎会と、
節夫の同僚・湯浅(堀井新太)と
ハナ(竹富聖花)の婚約を祝う会が催され、
西村(八嶋智人)、小熊(荒川良々)、
木下(三浦涼介)ら教官たちは酒を酌み交わし、
少年兵たちは無邪気に房子らの料理を頬張っていた。

結婚して初めて
節夫と生活をともにする房子は、
久しぶりに訪れた幸福に浸っていた。

しかし、
藤田ら開拓団が暮らす国境近くの村に、
ついにソ連軍が侵攻し、
節夫ら関東軍にも出撃命令が下る。

成宮寛貴 /怪盗 山猫

(2016年1月16日 – 3月19日、日本テレビ)
勝村英男 役

世間を賑わす天才怪盗「山猫」。

山猫(亀梨和也)は、
卑劣な手段で金儲けをする企業から、
鮮やかな手口で大金を盗み出し、
同時に盗みの対象にはびこる悪事を暴き出す。

『心霊探偵 八雲』シリーズ他、
スピード感があり映像的文章で
人気の神永学の小説『怪盗探偵 山猫』が初映像化!!

完全予測不能の圧倒的大どんでん返しの
数々で目が離せない新たな怪盗ヒーロー参上!

ある晩、山猫は、裏で振り込め詐欺を行うある政治団体のオフィスから、
悪事の証拠のデータを盗み出そうとするが、
「魔王」と呼ばれる謎のハッカーに邪魔される。

「魔王」の正体を知るべく、
雑誌ライターの勝村(成宮寛貴)に接近した山猫は、
その正体が女子高生・真央(広瀬すず)だと知る。

真央は、ハッキングで顧客情報を盗み、
個人情報を扱う会社の社長の父親に渡していたのだ。
山猫は真央に、真央の父親の
会社から金を盗むと宣言するが、果たして??

成宮寛貴は山猫を追いかけるライターの
勝村 英男(かつむら ひでお)を演じているが、
8話で驚きの正体が明かされる。

〜関連記事〜

広瀬すずのドラマ一覧!スーパー売れっ子女優の全てを丸裸に!

成宮寛貴 /大奥

(2016年1月22日・29日)
徳川家斉 役

江戸時代の大奥の壮絶な女たちの
戦いを描く人気ドラマ『大奥』が、
2週連続スペシャルドラマとして11年ぶりに復活。

今回の『大奥』は、江戸時代、
50年にわたる長期政権を確立した
第11代将軍・徳川家斉と
それを取り巻く大奥の女性物語。

第一部では「お美代」、
第二部では「梅」という2つの異なる
役柄を沢尻エリカが演じる。

第一部<最凶の女>編は
家斉の「壮年期」の物語で、家斉のご寵愛を一心に浴び、
大奥史上最強の側室「お美代」の物語。

「悪女」としても有名な
お美代の大奥の
頂点まで登りつめた波乱に満ちたストーリー。

第二部<悲劇の姉妹>編は
家斉政権の「青年期」の物語で、
実在した側室ではなくフィクション設定。

家斉がまだ若く子に恵まれなかった頃、
浜御殿で家斉にお目通しさせられることになった
梅と歌の姉妹。姉の梅を家斉が
気に入ったことにより、激しい嫉妬心にかられた
妹の歌は姉を陥れようと画策していくストーリー。

成宮寛貴は、
10人以上の側室を持ち
50人以上の子供を設けた
“オットセイ将軍”
第11代将軍・徳川家斉役を演じている。

成宮寛貴 /不機嫌な果実

(2016年4月29日 – 6月10日、テレビ朝日)
野村健吾 役

あの林真理子原作の
傑作不倫ドラマ『不機嫌な果実』が
約20年ぶりに蘇る。

20年経っても、
変わらない人妻の心理と、
理屈ではなかなか割り切れない男女の関係。

一度ハマったら抜けられない、
ドロドロとした大人の
愛憎劇を描いた『不機嫌な果実』。

2016年版は、
3年セックスレスの夫に不満を募らせ不倫を
重ねる麻也子(栗山千明)、人妻と知りながらも
情熱的に麻也子を求める通彦(市原隼人)、
麻也子の夫で、超マザコンの航一(稲垣吾郎)、
麻也子の友人久美(高梨臨)、
自由奔放に恋愛を楽しむ玲子(橋本マナミ)、
麻也子の最初の不倫相手野村(成宮寛貴)の
6人の男女の禁断の群像劇。

さらに萬田久子、六角精児、
光石研らが、さらなる不穏な旋律を加える。

成宮寛貴は麻也子が
独身時代に不倫を
していた野村健吾役を演じている。

成宮寛貴 /早子先生、結婚するって本当ですか?

(2016年5月19日 – 6月16日、フジテレビ)
岡山藤吾 役

早子(松下奈緒)、
ミカ(貫地谷しほり)、梅子(佐藤仁美)は、
千駄木(八嶋智人)の後輩がセッティングした合コンで、
食品メーカーの営業マンの岡山藤吾(成宮寛貴)と知り合う。

立木家では、
辰志(尾藤イサオ)が出かけたため、
尚子(松坂慶子)の希望で女子会が開かれる。

女子会がわかっていなかった早子は、
ミカや梅子、莉々(小芝風花)だけでなく、
千駄木や本郷(山内圭哉)にも声をかけてしまった。

莉々は、早子たち婚活同盟のメンバーに、
友情より愛情を育め、と説教する。

千駄木や莉々たちが帰り、
飲み直した早子、ミカ、梅子は、
退屈な時間をともに過ごせる
仲間がいると満たされてしまい危険なので、
お互いにこれ以上深入りしないようにしよう、
と誓い合う3人だった。さっそくスマホを取り出し、
岡山にメッセージを送るミカ。

梅子も対抗し岡山にメッセージを送ろうとするが、
何を書けばいいのかわからない。

岡山がミカの本気の相手であることを察知した梅子は、
自分は引くから頑張れ、
と言ってミカを励ます。

成宮寛貴は
食品メーカーの営業マン、
岡山藤吾役で出演している。

成宮寛貴 /世にも奇妙な物語 ’16秋の特別編「貼られる!」

(2016年10月8日、フジテレビ)
主演・椎名毅 役

椎名毅(成宮寛貴)は
一流銀行マンとして活躍していた。

椎名あっての融資課といわれるほどの成績を誇り、
上からも下からも信頼されていた。

ある日、タクシーに乗った毅は運転手に
「運賃がいつもより高いのか? 」と訪ねると、
自分の体に「難癖つけるクレーマー」という
レッテルが直に貼られている事に気付く。

この日をきっかけに、
周りの人間の評価が
体に直に貼られるようになることに気付いたった毅。

そして、
実は発言とは裏腹に周囲の人間から
酷評されていることがわかり、
毅は愕然とするのだった。

成宮寛貴 /IQ246~華麗なる事件簿

(2016年11月13日、TBS)
千代能光一 役

アートギャラリーのプレオープニングパーティーに
訪れた沙羅駆(織田裕二)、
奏子(土屋太鳳)、賢正(ディーン・フジオカ)は
新進気鋭のアーティスト
千代能光一(成宮寛貴)と出会う。

千代能は学生時代からの腐れ縁の番田(矢本悠馬)と
『バナナ&チョコ』という名のアートユニットを結成していた。

最先端技術を取り込んだ
斬新なアートは人気となり、
オリンピックの開会式の
演出候補にも名前が挙がるほど。

会場では、
招待客が『バナナ&チョコ』が手掛けた
最新テクノロジーのAR(=拡張現実)を
ヘッドセットを付け体感していた。

何かを掴もうとしたり、
バランスを失って転んだりしつつも盛り上がっている中、
オープニングセレモニーがスタートする。

招待客から歓声が上がる中、
ヘッドセットを付け会場に登場する番田は、
踊るような動作を見せた後、足場から落下し死亡した。

相棒の番田の予期せぬ転落死にショックを受ける千代能。
目撃した番田の転落死事件に
興味を抱いた沙羅駆は、千代能の事務所を訪ねるが……。

最後にまとめ

ここまで
成宮寛貴さんが
出演してきた歴代の全ドラマの
あらすじと役柄をまとめてきました。

演技も上手いく
イケメンの成宮寛貴さん。

もう彼の演技は見れないのでしょうか?
寂しいですが陰ながら応援しています。
それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

1 個のコメント

  • はじめまして
    2002サラリーマン金太郎3 について訂正お願いします。
    成宮さんは丸山社長の息子役として出演しています。
    ヤマト建設を去り一作業員として働く金太郎に、丸山社長は若くして事故死した息子(成宮寛貴)を重ねます。
    大学生であった息子は、父(丸山社長)のようにゼネコンで活躍したいと作業現場でアルバイトをし父に夢を語ります。自殺したのは丸山社長で、ヤマト建設での一連の責任を取るためでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。