大森寿美男の脚本した作品が超絶ヤバイ!1分で作品をチェック!

大森寿美男,脚本
LINEで送る
Pocket

大森寿美男と言えば
民法の連続ドラマを
はじめとして、朝ドラ、
大河ドラマ、映画などの
数多くの作品を世に出している
脚本家になりますね。

代表作も多くある
大森寿美男について、
今回気になる点について
調べてみました。

スポンサーリンク

大森寿美男の脚本した作品とは?

では大森寿美男の脚本した
作品にはどのようなものが
あるのでしょうか?

年代順に見ていくことにしましょう。

【ドラマ】

・「夜逃げ屋本舗」
(1999)

・「泥棒家族」
(2000)

・「トトの世界~最後の野生児~」
(2001)

・「君を見上げて」
(2002)

・「時空警察2」
(2002)

・「朝ドラ てるてる家族」
(2003-2004)

・「一番大切な人は誰ですか~」
(2004)

・「クライマーズ・ハイ」
(2005)

・「大河ドラマ 風林火山」
(2007)

・「黒部の太陽」
(2009)

・「15歳の志願兵」
(2010)

・「TAROの塔」
(2011)

・「テンペスト」
(2011)

・「悪夢ちゃん」
(2012)

・「鼠、江戸を疾る」
(2014)

・「55歳からのハローライフ」
(2014)

・「64(ロクヨン)」
(2015)

・「精霊の守り人」
(2016-2018)

・「モンタージュ~三億円事件奇譚~」
(2016)

・「フランケンシュタインの恋」
(2017)

【映画】

・「お墓がない!」
(1998)

・「39 刑法第三十九条」
(1999)

・「黒い家」
(1999)

・「命」
(2002)

・「木曜組曲」
(2002)

・「昭和歌謡大全集」
(2003)

「欲望」
(2005)

・「メールで届いた物語」
(2005)

・「星になった少年」
(2005)

・「花田少年史 幽霊と秘密のトンネル」
(2006)

・「寝ずの番」
(2006)

・「次郎長三国志」
(2008)

・「風が強く吹いている」
(2009)

・「劇場版テンペスト3D」
(2012)

・「悪夢ちゃん The 夢ovie」
(2014)

・「アゲイン 28年目の甲子園」
(2015)

・「悼む人」
(2015)

この中でも特に代表作と
なっているのは悼む人、
精霊の守り人、大河ドラマ
風林火山ではないでしょうか?

大森寿美男が受賞した賞とは?

これだけ数多くの作品を世に
出している大森寿美男ですが、
ある賞の獲得をして最年少記録を
打ち立てているそうです。

その賞というのが向田邦子賞と
いう賞になります。

スポンサーリンク

NHKにて放送をされた
「トトの世界」、日テレにて
放送をされた「泥棒家族」。

この作品が非常に高く評価を
されて賞の受賞に至りました。

しかもこれは当時の最年少受賞記録と
いうこともあり、更に注目を
集めるきっかけともなりました。

大森寿美男に錦戸亮がキレた?

「大森寿美男 錦戸亮」と検索を
されているので気になったので
調べてみたところ、錦戸亮が監督oに
対してキレたということから
大森寿美男では?ということで
調べられているようです。

果たして真相はどうなのでしょうか?

この監督oは過去に仕事を
一緒にしてからそれ以降は
合っていないということで
かなり仲が悪いということが
伺えます。

18年前に仕事をしてその
仕事はドラマだということです。

そのヒントからいくと、ドラマ、
は「てるてる家族」というドラマで、
14年前のものになります。

ということで、大森寿美男は外れます。

疑惑の一人である
大根仁監督がいます。

ちょうど18年前に「熱血恋愛」と
いうドラマにて錦戸亮は
大根仁と仕事をしています。

しかし、仲が悪いというわけでは
なさそうで、微笑ましいエピソードが。

錦戸亮が体調不良で撮影を辛そうに
していると「ジャニーさんに
言いつけてやる」と大根仁に
対して悪態をついたのだとか。

しかも14歳ですからね。

大森寿美男はNHKのお気に入り?

大森寿美男は数多くの作品を
世に出していますが、その中でも
NHKに気にいられているの
ではないのか?ということですね。

特に気に入られていてあ~だ
こうどというわけではないの
ですが、果たしてどうなの
でしょうか?

大森寿美男はNHKの大河ファンタジー
「精霊の守り人」などの
NHKで放送をされる作品の
脚本を多く手掛けています。

民法のドラマも多数あるのですが、
なかでもNHKの作品はダントツで
多くなっています。

とすると、やはりNHKからの
信頼は相当なものとなっていると
いうことがわかりますね。

まとめ

今回は大森寿美男について
気になる点について
まとめてみました。

あの作品も大森寿美男だったの!と
驚く人もいるかと思いますが、
それだけ多くの作品を
手掛けているのだなという
ことが分かると思います。

まだまだこれからも多くの
作品を出すでしょうから、
その作品に目が離せませんね!

LINEで送る
Pocket

記事のシェアはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。