豊川悦司の妻は二人目?韓国人説の真相は?

豊川悦司
スポンサーリンク
AMI
豊川悦司って知ってる?
クマ
俳優さんかな?
AMI
うん。
豊川悦司は俳優でドラマや
映画で活躍をしている
人なんだよ!
クマ
そうなんだ!
豊川悦司について詳しく
知りたいな!
AMI
豊川悦司について調べて
みたからまとめてみたよ!
スポンサーリンク

豊川悦司の妻は二人目?

豊川悦司はまず35歳で
1997年にドラマ「青い鳥」
ヘアメイクを担当していた
女性と結婚をしました。

11歳年下で2000年には
第一子となる女の子が
誕生しています。

2002年には第二子となる
男の子も誕生しました。

ですが、2005年12月31日の
大晦日に豊川悦司は離婚
して、二人の子供は前妻が
引き取ったそうです。

そして2015年3月に元エステ
ティシャンの女性と再婚
しました。

離婚原因というのはこの
元エステティシャンとの
不倫が原因になります。

2003年から11年間の交際を
経ての結婚でしたが、その内の
最初の二年間は不倫関係
だったそうです。

離婚後豊川悦司は鎌倉へ移住し、
元エステティシャンの女性と
同棲生活をしていると2010年に
報じられていました。

豊川悦司の二回目の結婚が
発表される前に、女の子の
出産が報じられていました。

認知をしないのではないのか?
と言われていましたが、
子供が生まれる前に籍を
入れて認知もしています。

なので豊川悦司には前妻の
子供と合わせて三人の
お子さんがいるということに
なります。

クマ
再婚した時はかなり
話題になったみたいだね。

豊川悦司の歴代彼女は?

豊川悦司はかなりモテモテ
だったようです。

女優の森口瑶子とも過去に熱愛の
噂があり、一部では同棲していた
とも言われているようです。

豊川悦司と森口瑶子の交際
時期は不明です。

その後森口瑶子は1998年に
脚本家の坂本祐二と結婚を
しています。

次に1994年に映画
「NIGHT HEAD」で共演をした
女優の小島聖と同棲をしていた
と言われているようです。

豊川悦司と結婚間近と言われた
当時19歳だった小島聖は
同棲解消するときには布団を
粗大ゴミに出したと報道
されたようです。

小島聖との破局後に豊川悦司は
すぐに結婚をしました。

クマ
かなりモテモテだったん
だね!

豊川悦司が韓国人?

豊川悦司の韓国人説について
みていきます。

スポンサーリンク

どうやら豊川悦司は在日
韓国三世のようです。

二十歳を過ぎて初めて海外に
行った時に韓国のパスポートを
渡されて初めて在日韓国人で
あることを知ったそうです。

親が教えるということは
なかったようですね。

豊川悦司が上記のエピソードを
自ら語って在日韓国人で
あることを明かしました。

日本を離れることではじめて
「在日」である自分と向き合った
のだと言います。

クマ
いきなり韓国人だって
言われて驚いただろうね。

豊川悦司の実家は?

豊川悦司の実家を調べてみると
パチンコ屋なんだそうです。

やはりというのは、当時
戦後在日韓国人の方に
だけパチンコ屋をやってもいい
権利を与えられていたそうです。

パチンコ屋というと稼ぎが
いいというイメージが
ありますが、実際のところ
どうだったのかなど、
詳しいことについては
分かっていないようです。

クマ
そうなんだね。

豊川悦司の学歴!

豊川悦司は大阪府出身です。

中学校は八尾市立志紀
中学校となります。

高校は大阪府立清水谷高校
偏差値は64とやや難関の
ようです。

高校時代の情報はほとんど
ありませんが、中学、高校の
時はかなり太っていて
学校ではあまり印象的な
生徒でもなく、女子からも
まったくモテなかった
そうです。

大学は関西学院大学の
文学部です。

偏差値は60とやや難関です。

俳優を目指したのは関西学院大学
に入学後で、大学一年の時から
演劇部に所属して舞台を
踏んでいます。

しかしその後は本格的に俳優
になるために上京して、
劇団円の研究生になったことから、
大学は中退しています。

その後劇団3○○に入団して
主宰者で女優の渡辺えり子に
見いだされて主要キャスト
として多くの舞台に起用
されることとなりました。

クマ
頭いいみたいだね。

まとめ

AMI
豊川悦司についてだった
けどどうだった?
クマ
豊川悦司の結婚のことや
実家などについて詳しく
知ることが出来て良かったよ!
これからの活躍も楽しみ
だね!
AMI
そうだね。
子供もいるからまだまだ
頑張らないとって感じ
だろうね。
また豊川悦司についてわかった
ことがあったら教えるね!
スポンサーリンク

記事のシェアはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。