芦田愛菜の親や兄弟は天才?親戚は…の会長?

芦田愛菜,親



AMI
芦田愛菜ってかわいいよね!
クマ
子役から活躍をしていて
もう中学生になってて
驚くね!
AMI
芦田愛菜の家族構成とか
気にならない?
クマ
確かに!
AMI
今回は芦田愛菜の親や兄弟などに
ついて調べてみたよ!

芦田愛菜の父親は?

まず芦田愛菜の父親について
あげていきます。

天才子役と呼ばれ名門中学
にまで進学をさせた父親
とはどのような
人物なのでしょうか?

芦田愛菜の父親は早稲田大学商学部卒業で
現在は三井住友銀行にて支店長を勤めている
というエリートバンカーのようです。

現在40代後半のようですが、これまでに
3支店にて支店長を努めてきたという
経歴をお持ちのようです。

どうやら住みたい街ランキングに
名を連ねてくる都内の住宅街にある
三井住友銀行の支店長を務めていると
いうことで実際に支店長の名前が「芦田」
という支店を見てみたところ
そうではないのか?という方を
見つけました。

2012年4月2日付けの人事で
都立大学駅前(亀有)支店長、
2014年4月1日付けの人事で
吉祥寺(都立大学駅前)の支店長に
選ばれている「芦田博文」という方です。

住みたい街ランキングに名を
連ねる都内の支店とのこと
なので2016年には総合
ランキングで2位に
ランクインしている吉祥寺
の支店長のこの方が
芦田愛菜の父親で間違いない
と見て良いでしょう。

年収についてですが三井住友銀行の30代で
1000万円が平均のようです。

支店長ということなのでその額は
計り知ることは出来ません。

芦田愛菜の母親は?

国民的子役にしたのは何といっても
母親のようです。

芦田愛菜は月60冊もの本を購読すると
いうことですが、母親もかなりの読書家で
その影響が大きいようです。

現在専業主婦をしている芦田愛菜の
母親は高学歴で一流企業に勤めていたとの
噂があります。

芦田愛菜の撮影のため現場に付き添いで
くることも多くあるようで女優の高畑淳子
曰く「とても礼儀正しく気配りが出来る方」
と母親のことを述べています。

芦田愛菜の礼儀正しさというのは母親の
しつけがあるのでしょう。

芦田愛菜の親戚は?

芦田愛菜の親戚ですが…の会長ということ
ですがどこの会長なのでしょうか?

芦田愛菜の親戚には株式会社商船三井の
相談役である芦田昭充ということです。

商船三井と言えば日本郵船と並ぶ海運大手
になります。

海運業界の中では就職が最も
困難だと言われる超大企業
となります。

芦田昭充は高校、大学と
陸上選手であり、高校時代は
リレーで全国大会の決勝に残り
大学入学後も関西インカレで走幅跳びで優勝。

芦田昭充は1967年に京都大学教育学部
卒業後に商船三井に入社をしたそうです。

そして商船三井では芦田昭充
は2004年に代表取締役
社長に就任して2010年に
会長に就任したそうです。

芦田愛菜に兄弟は?

では芦田愛菜に兄弟は果たして
いるのでしょうか?

結論からいうと芦田愛菜に
兄弟はいないようです。

高学歴の父親と母親の一人っ子で
子役として大活躍をした
芦田愛菜ですから二人目は
考えていなかった可能性も
あります。

タイミングもあるでしょうから
二人目については色々と
事情もあったのでしょう。

芦田愛菜のデビューのきっかけは?

芦田愛菜のデビューのきっかけは
どのようなものだったのでしょうか?

芦田愛菜は3歳のときに母親に勧められて
芸能界入りをしたそうです。

2010年にはドラマ「Mother」に出演。

翌年の2011年には
ドラマ「さよならぼくたちのようちえん」
で日本のドラマ史上最年少初主演
努めて注目を集めました。

そしてドラマ「マルモのおきて」にて
連続ドラマ初主演を務め一気に
大ブレイクし天才子役として
芦田愛菜は世間に知れ渡りました。

またこの時共演した鈴木福と
ドラマの主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」
にてCDデビューも果たしましたね。

この時社会現象まで起きて子役
ブームを作ったきっかけに
なったとも言われています。

まとめ

AMI
芦田愛菜についてだったけどどうだった?
クマ
家系が凄すぎるね…
芦田愛菜自身も小学生で年収
1億円とも言われていたけど
父親の年収もヤバそうだね。
AMI
天才子役を生み出した親だから
流石だよね。
名門中学も合格するほどの
才女に育てたからね。
芦田愛菜の努力も相当
だっただろうね。
クマ
これからの芦田愛菜の
活躍に更に注目だね!
AMI
また芦田愛菜について
わかったことが
あったら教えるね!








記事のシェアはこちらから

2 件のコメント

  • 私芦田愛菜と同じ学年だけどこれからも活用よろしくまなっび頑張るん名門中年校の妹かわいい

  • コメントを残す