中国の国防費2016年!今までの推移と今後は?

中国,国防費,2016,推移




国防費というのは
その名の通り国を守るため、
防衛の整備と維持にかける費用のことです。

ここでは
国防費と軍事費は
同じように扱っていきます。

意外とこういう情報って
知らないことが多いんですが
知っておいて絶対に損はない情報だとも思っています。

こういうのって
調べだすと結構面白くて
いろいろ他のことも
気になってしちゃいます。

さて、今回は
中国の国防費について見ていきます。

2016年はもちろん
今までの推移も確認していきたいと思いますので
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

それでは
早速見ていきましょう!

2016年の中国の国防費は?

16年3月5日より
「全国人民代表大会」が中国で始まる。
これは中国の国会だと認識すれば大丈夫です。

そして開催にあたって
報道官が国防費にも触れた会見を開きました。
その情報によると
2016年の中国の国防費は
前年と比べて7~8%増える見込みらしい。
15年から8%アップで考えると
日本円にすると16兆5,700億円。

世界的に見ても
中国の国防費は高く
いろいろと問題を抱えている日本としては
この数値はとても気になる数字です。

中国の国防費の推移

ここでは2000年〜2015年までの
中国の国防費と前年度比をまとめていきます。
【2015年】

国防予算:8868億9800万元(約16兆9000億円)
前年度比:10.1%増

 

【2014年】

国防予算:8082億3000万元(約13兆4400億円)
前年度比:12.2%増

【2013年】 

国防予算:7202億元(約10兆6800億円)
前年度比:10.7%増
【2012年】

国防予算:6702億元(約8兆7000億円)
前年度比:11.2%増
【2011年】

国防予算:約6011億元(約7兆5000億円)
前年度比:約12.7%増
【2010年】

国防予算:約5191億元
前年度比:約9、8%増
【2009年】

国防予算:約4729億元
前年度比:約15.3%増
【2008年】

国防予算:約4099億元
前年度比:約17.7%増
【2007年】

国防予算:約3472億元
前年度比:約17.8%増
【2006年】
国防予算:約2807億元
前年度比:約14.7%増
【2005年】
国防予算:約2447億元(約3兆1800億円)
前年度比:約12、50%増
【2004年】
国防予算:約2200億100万元(約3兆3531億6262万円)
前年度比:約11.6%増

 

【2003年】

 

国防予算:約11853億元
前年度比:約9.6%増
【2002年】

 

国防予算:約1684億元(約2兆7千億円)
前年度比:約17.6%増

 

【2001年】
国防予算:約1410億400万元(約2兆円)
前年度比:約17・7%増

 

【2000年】

国防予算:約1212億9000万元
前年度比:

 

今後の中国の国防費はどうなる?

16年の国防予算の
前年度比が7~8%になるということは
お伝えしましたが、中国の
国防予算が二桁を切るのは2010年以来なので
実に6年ぶりということになります。

中国といえば、
東シナ海や南シナ海などの海空域での
活動が問題になっていますよね。

国防予算を減らすことで
日本を含む隣国やアメリカなどに
何か伝えたかったのか?

日本の16年の防衛費は
5兆541億円と初めて5兆を超えましたが(前年比:1,5%増)
中国に比べるととても少ないのはわかると思います。

もちろん人口の違いなども
ありますが、日本はもっと防衛費を
突っ込んで欲しいですね。

今後の中国の国防費がどうなっていくのか?

16年にはオセアニアを含むアジアの
国防支出の41%を中国が占めることになりました。
(ちなみに日本は11、5%に減少)

こう見ると中国は
国防に関してどんどん大きくなっていっています。
ただ中国の場合は発表された数字と
実際の数字は違うと言われていますので
未知ではありますが、中国がもっともっと
大きくなってやろうと思っているのは間違いないですね。

最後に一言

2016年の中国の国防費と
今までの推移、今後の中国について
見てきましたがどうでしたか?

今の世界の軍事力は
アメリカ・ロシア・中国の3強です。

個人的には日本の3強入りを望みますが

現実的にまだまだでしょう。

今後の世界の国防費・軍事費に注目です。



記事のシェアはこちらから

コメントを残す